占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:3 hit、合計:412 hit

氷の女王2 ページ17

笑っているのに笑っていないように見える。
簡単に言うなら、そんな風に見えた。
笑っていないのなら何なのだ、と言われると回答に困ってしまうが。
「どうなさいました?」
歌手がこちらに疑問を投げ掛けてきたので、いや、と眼鏡はグラスをくい、と煽り、誤魔化した。
きっと気のせいだ。考えすぎだ。眼鏡はそう思うことにした。
それに顎髭はいつもだが、楽しそうに飲んでいるところに水を射すのもいけない。眼鏡はウイスキーを飲み干し、おかわりをマスターに頼んだ。
「いつもウイスキーばかりで飽きないのかい?」
「好きな酒なんだからよかろう」
ワイングラスをゆらゆらと弄ぶ顎髭といつも通りの会話。それを見て歌手はあらあら、と笑う。
「いつも思っていましたが、お二人は仲がよろしいんですのね」
「まあ、付き合いが長いからねぇ」
すると、ふと思いついたように顎髭が尋ねる。
「君にはそういう友人とかいないのかね?」
空気が凍りついたような気がした。顎髭の言い方は確かに不躾だったが、何もここまで、というほどに。
そこで彼女は笑って答えた。
「私の歌を聞いてくれれば、皆さんお友達のようなものですわ」

氷の女王3→←氷の女王1



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
設定キーワード:はなむけ , バー , 大人テイスト   
作品ジャンル:純文学, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:九JACK | 作成日時:2019年10月25日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。