占いツクール
検索窓
今日:474 hit、昨日:323 hit、合計:564,941 hit

43 ページ43

青い空、白い雲、黒と白のユニフォームが映える土色のグラウンド。少年少女達の掛け声。

「これぞ、青春。」

たった今キーンといい音を立てて飛んでいった球に向けて私は声を上げた。

「ない、しゅー!」

「それサッカーだよ。」

え、と私は近くに立つ少女に聞いた。

「そう、なの?」

私が首を傾げて聞くと、その子、西宮桃は肩を竦めた。どう見ても小さい帽子が頭の上で揺れていた。

「それくらい私だってわかるよ。」

「へー、あたま、いいんだ、ね。」

「……もしかして私今煽れれてる?」

若干目つきを鋭くさせながらそう呟く西宮さんに返事をするよりも先に、怒号が飛んできた。

「小松!!!!」

「うっ。」

振り返ると禪院先輩が鬼の形相で私を見ていた。バットを構える先輩は昔野薔薇が見せてくれた漫画の中のスケバンみたいだった。

「選手交代!次あんたがピッチャー!!」

「あー、い。」

私は西宮さんに軽く片手を上げ会釈をしてから駆け足でグラウンドの中心へと向かった。

「手ぶらでくんな!グローブ持ってこい!」

「あ〜。」

先輩の言葉に私は駆け足のまま回れ右をしてベンチの方へと戻った。

44→←42



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (376 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1122人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 夢小説
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

柑橘(プロフ) - 尊都さん» ご指摘ありがとうございます!変更させていただきました。またなにかお気づきの点があればコメントください。 (11月26日 3時) (レス) id: 3b878783b1 (このIDを非表示/違反報告)
柑橘(プロフ) - 稔米さん» ありがとうございます!五条先生とはギスギスして欲しいのでこのまま緩くやっていきたいです。 (11月26日 3時) (レス) id: 3b878783b1 (このIDを非表示/違反報告)
柑橘(プロフ) - わかたくさん» ありがとうございます。更新頑張ります! (11月26日 3時) (レス) id: 3b878783b1 (このIDを非表示/違反報告)
尊都(プロフ) - 五条先生ってみんな下の名前じゃありませんでした? (11月26日 2時) (レス) id: 6a52012404 (このIDを非表示/違反報告)
稔米 - 好き過ぎます!なんかこれから色んな事実が発覚してくのかなーと楽しみにしておりマス!私は五条さんとの絡みが好きです!なんか甘々じゃない感じの…w (11月25日 22時) (レス) id: 861890d0d1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:柑橘 | 作成日時:2020年11月24日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。