占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:9 hit、合計:8,469 hit

無花果様と、デート。(中編2) ページ5

××宝石店 店内

A「…?」

無花果様、何か欲しいアクセサリーでもあるのだろうか…。

無花果「…A、もう一度手を握ってもいいか?」

A「!は、はい!もちろん…!」

…無花果様の手がまた、私の手に触れた。
そして、徐々に深く、深く私に近付いてきた。
無花果様は指を絡めてきて……
…!これって

A(恋人繋ぎだ……!/////)


無花果「……よし、これで間違いないな…。」

そのまま無花果様は店員さんの元へ向かう。

モブ女店員「いらっしゃいませ……っ!?か、勘解由小路無花果様!?」

無花果「あぁ、すまない。欲しい品があるんだが…少々接客を頼めるだろうか。」

モブ女店員「は、はい!!かしこまりました、どの様な物をお探しでしょうか…。」

無花果「…ペアリングを見せてくれ。」

A「ふぇっ!?」

え?今無花果様ペアリングって言った?
…というかここめちゃくちゃ高級で高いって噂の所じゃ…。

モブ女店員「…そうですね、こちらの物とかオススメですよ。今カップルに大人気で〜」

無花果「…成程、確かに良いデザインをしているな。」

A(あ、もう買う前提で話が進んでる、ヤバい。)

A「あ、あの、無花果様…!」

無花果「ん?どうした、A。」

…満面の笑み、してらっしゃる。
もう半分どうにでもなれという気持ちと同時に
「あ、総理大臣補佐官と恐れられるあのお方の笑顔ってこんなに美しいんだ」という気持ちが湧き出てきた。

無花果「…先程の、お詫びという事でもあるが…単純に、Aとの、その「お揃い」の物が欲しくてな。
…どうせ買うなら、一番良い物が買いたいんだ。」

そう、笑顔のまま、少し頬を赤く染め話す無花果様。イケメン過ぎるし可愛過ぎる。

A「い、無花果様…/////」

もう、高いとか高級とか考えなくていい。
私はこの人と共に人生を歩むと決めた…この人にただただ委ねよう…。

無花果様と、デート。(中編3)→←無花果様と、デート。(中編)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (34 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
44人がお気に入り
設定キーワード:ヒプノシスマイク , 中王区 , 夢小説   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆうきぶつ(プロフ) - アルイエさん» 温かいコメント、とても嬉しいです!ありがとうございます、これからも更新頑張ります!中王区の3人とても良きですよね…! (1月4日 22時) (レス) id: 6afe24619e (このIDを非表示/違反報告)
アルイエ - これを見てから勉強頑張るのが日課になっています笑これからも頑張ってください!はぁ3人とも好き……… (1月4日 10時) (レス) id: 271636c864 (このIDを非表示/違反報告)
ゆうきぶつ(プロフ) - 紅もみじまんじゅうさん» 温かいコメントありがとうございます、とても嬉しいです!Femme Fataleめちゃ良いですよね…中王区皆の魅力が沢山詰まっていて、作者も大好きです(´;ω;`) (12月6日 10時) (レス) id: 8cca0d36cf (このIDを非表示/違反報告)
紅もみじまんじゅう - 初コメ失礼します!この小説めっちゃ好きです…!中王区は曲出てから箱推しになっちゃいまして…これからもずっと応援してます!! (12月6日 0時) (レス) id: db03d00965 (このIDを非表示/違反報告)
ゆうきぶつ(プロフ) - りあさん» コメントありがとうございます!分かります……無花果様めちゃくちゃいいですよね… (12月5日 13時) (レス) id: 8cca0d36cf (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆうきぶつ | 作成日時:2020年11月28日 4時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。