占いツクール
検索窓
今日:13 hit、昨日:8 hit、合計:713,327 hit

第381話 おはようのキス ページ33

目が覚めると固くて逞しい腕に抱き込まれていた。

こうやって朝を何回か迎えて来たけど、いつもよりも幸せを感じれる。

昨日より今日、今日より明日。

一日毎にジェジュンを愛しいと思う気持ちが増していくから。

この気持ちは天井がないみたいで、いったいどこまでいっちゃうんだろう。


目を閉じるジェジュン。

どんだけ見ても見飽きない。

もっともっと見ていたい。


手を伸ばしてジェジュンの頬に触れてみた。

スベスベした女性よりキレイなお肌。

でも少しお髭が生えてて、そこはやっぱり男の人なんだなって思う。


何度か頬をさすってるとジェジュンが目を瞑りながらも笑い出した。

JJ「イタズラしてんの?」

パチリと目が開く。

驚いて手を引っ込めた。

JJ「おはよ、A」

「おっおはよ」

気づいてたのに寝たフリされてたみたい。

恥ずかしくて顔が熱くなる。

JJ「いつキスしてくれるか待ってたのに」

言うと思った…

「するわけないじゃん!もう、起きる」

JJ「昨日は自分から俺に跨ってしてくれたのに?」

口唇を端が緩んだジェジュンは、すごくニヤついてる。

「そっ、そういうのは忘れて!」

JJ「かわいっかった。ああいう積極的なAもいいね」

「だーかーらー!もう、いいってば」

思い出すだけで恥ずかしすぎて逃げ出したいけど、わたしを抱きしめる腕に力が入っていて身動きが取れない。

これはわたしの行動を予想しての事かっ!


JJ「おはようのキス♪」

くるっと身体の向きを変えてわたしを押し倒すジェジュン。

「ちょっ!」

驚くわたしなんかおかまいなし。

ジェジュンはわたしのオデコに頬に端の上、顔全体のいたるところに優しいキスの雨を降らせる。

JJ「最後はいちばん美味しいところね♪」

ちゅぅと口唇を思いっきり吸われちょっと痛いなって思ったら、今度は口唇の形をなぞるように舌先が動き出す。

口唇を重ね合い舌を絡ませたくなってきて、自分から舌を出してジェジュンの舌を誘った。

JJ「ふふ♪」

誘われるジェジュンの舌。

お互いの塗れた舌が艶かしく絡み合い出す。

響く音が、朝に不似合いな濃厚なキス。

なのに気持ちよくって、やめられない。


「んっ……はぁっ……」


口唇と口唇がやっと離れる。


JJ「Aから誘った♪」

ニコニコ笑うその顔はキラキラしてる。

「ちっ違うもん!」

違わないけど、恥ずかしいから思いっきり否定した。

第382話 長い休みの終わり→←第380話 好きで好きで愛しすぎて


ラッキーアイテム

革ベルト


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (592 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
467人がお気に入り
設定キーワード:東方神起 , ジェジュン , 恋愛・妄想
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ほし - 続きが気になります!早く見たい (11月19日 21時) (レス) id: cdd8660253 (このIDを非表示/違反報告)
ゆめら(プロフ) - 乃愛さん» お金に換算するとこは現実的www (2012年9月21日 0時) (レス) id: 3677d068b7 (このIDを非表示/違反報告)
ゆめら(プロフ) - 美佳ちんさん» わたしもあげたいでーす!w (2012年9月21日 0時) (レス) id: 3677d068b7 (このIDを非表示/違反報告)
乃愛(プロフ) - JJは“私”の扱い方上手いね♪素直な“私”!人生全部って言われてお金に換算するなんて…(笑) (2012年9月20日 13時) (レス) id: 16be55e0da (このIDを非表示/違反報告)
美佳ちん(プロフ) - あはっ!みかちんの人生もジェジュたんにあげるよ。ww (2012年9月20日 7時) (レス) id: 715e8df10a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆめら | 作者ホームページ:http://ameblo.jp/lovemax-yumera/  
作成日時:2012年5月28日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。