占いツクール
検索窓
今日:146 hit、昨日:183 hit、合計:78,117 hit

19.お嬢様と約束 ページ23

.





祐「あー!お嬢またソファーで寝てる〜風邪ひきますよ〜」


拓「そのうち起きるだろ」




拓弥がブランケットを取り出してお嬢にかけてあげる。拓弥はすごく優しい顔をして、お嬢の目にかかった前髪をそっとかき分けた。




拓「……お嬢様は昔から変わんないよな。見た目も中身も」


祐「あは、それはいつも思う」




小さい頃からずっと一緒でも、お嬢が変わる事はなくて。そんなお嬢に、何度救われただろうか。お嬢に一生ついていこうと決心した時の出来事。確か、中学二年生くらいの時…






○○






『あ!また顔に傷作ってる』




当時、僕と拓弥は先輩と喧嘩ばっかりしていた。まあそれには理由があって、要はその先輩がお嬢の事を紹介して欲しいと僕と拓弥に頼み込んで来たんだけどもちろんする訳もなく。先輩は三年の中でもそこそこ有名でプライドも高そうで、案の定逆ギレした先輩が喧嘩をふっかけてくるようになった。くだらないけどそれが理由。でも、中学生なんてそんなもんだよね。




人数的にこっちが不利でももちろん毎回勝ってるし、けど顔に傷を作る度にお嬢は心配そうに僕らを見る。





『最近多くない?もしかして他の組の奴ら?』

祐『転んだんです』

『どんな転び方したらそんな傷になるわけ?』

拓『僕らは本当に大丈夫ですから』



こんな理由でお嬢に迷惑かけるわけにもいかない、これは自分達で片付ける問題。僕も拓弥もそう思ってお嬢に理由は言わなかった。





『なんかあってからじゃ遅いよ、言ってよ』

拓『…お嬢様には関係ありません』

『……あっそ、わかったよバカ!』

祐『痛い!!』




べちん、と絆創膏を雑に僕の口元に貼ってそのまま部屋を出て行ったお嬢。少し悲しそうな顔をしてたお嬢の背中。




拓『……これでいいんだよな』

祐『…多分』



その姿を見ると心が痛むけど、僕らにはこうするしかないんだ。その時はそう思っていた。




.

19-2→←18.お嬢様、口説かれる



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (115 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
493人がお気に入り
設定キーワード:超特急
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ひろ(プロフ) - 初めて書かせていただきます!すごく面白いです!みんながワイルドな感じでドキドキですね(///ω///)続き楽しみにしてます!! (5月16日 2時) (レス) id: ce336a9dfc (このIDを非表示/違反報告)
エム - なな.さんの作品めっちゃ好きです!更新待ってまーす! (5月10日 0時) (レス) id: be027d3da3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:な な . | 作成日時:2017年5月7日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。