占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:75 hit、合計:85,616 hit

24. ページ24

やって来てしまった中間テスト。









えっ...。









私…なにしてたんだ?









廉『おはよ。』

『廉。。。わたし…』

廉『遅くまで教えてくれたんやで?ここで。』









ここと言うのはふたりで勉強した部屋。









演習室。。。









テスト前の夜ー。









廉『なぁー!もうここわからん!』

『どれどれ?』









真面目に取り組んでる廉に教えてあげてたら、何だかんだ9時。









『ふぁーっ...。』









あくびしてしまった...。









廉『少し休む?』

『えっ?大丈夫!』

廉『んじゃあ、来い。』









教壇に廉が座り、









廉『ほら、おいで?』

『えっ?なにするの?』

廉『お前も人間やろ?
眠い時は寝なあかんで?』

『廉...。』

廉『膝枕してやるから。』

『でも...。』

廉『ええから、来い!』









強引に引っ張られ、









『れん。』









膝枕状態にー。









廉『おやすみ。』

『待って。』

廉『なに?』









下から廉をみてると本当にイケメン。









ううん。前も横顔も全部。









そんなイケメン不良高校生に...。









『どうして...悪いことするの?』

廉『約束しろ。』

『えっ?』

廉『テスト終わったら、全部話す。だから、寝ろ。』

『...。分かった。』









そう言い、廉の膝枕で寝てた。









そして朝ー。









『そういう事だったの?!』

廉『お前...記憶悪すぎやろ?』

『だって...。しかもブレザーまで...。』

廉『寒そうやったし。』

『ごめん!』

廉『ったく...
いちいち謝んなや。ほんま腹立つ。』

『れん。怒んないで!』

廉『うそ。笑怒ってないわ。
んじゃ、朝メシ買ってくる。』

『待って!奢らせて?』

廉『ええし。』

『だって...。』

廉『ええの!はようせんと、始まるで?』

『はっ?!急がないとっ!』









急いで準備してると...。









ドン!









っ?!









これって...。




壁ドン?!









耳元で








“ 100点取ったらご褒美忘れんなよ? ”







.

25.→←23.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (102 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
417人がお気に入り
設定キーワード:永瀬廉 , 岩橋玄樹
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

LOVE(プロフ) - 涼宮美桜さん» またまたありがとうございます^^*嬉しいです^^ (8月5日 14時) (レス) id: 5092ac736c (このIDを非表示/違反報告)
涼宮美桜 - このお話、本当に最高で一気に読めました!この作品も本当に大好きです!! (8月5日 13時) (レス) id: 67fa9efd8d (このIDを非表示/違反報告)
LOVE(プロフ) - Noa さん» 最近新しいの考えてるから、新しいやつ書いたら紹介するね^^* (6月15日 9時) (レス) id: 5092ac736c (このIDを非表示/違反報告)
Noa - 新たらしく、書いたやつとかオススメとかある?w (6月13日 17時) (レス) id: a915d8b0c2 (このIDを非表示/違反報告)
Noa - LOVEさん» いいえ(*≧∀≦*)ww (6月10日 6時) (レス) id: a915d8b0c2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:LOVE | 作成日時:2019年5月24日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。