占いツクール
検索窓
今日:29 hit、昨日:66 hit、合計:88,964 hit

逢うを待つ/os ページ5




会う・・・人と人が顔をあわせること、ある場所で対面すること。
逢う・・・親しい人や思い入れがある人と顔を合わせたり、運命的に対面すること。



「いらっしゃいませ」
「久しぶりめう」
「お久しぶりです」

私の勤めている甘味屋はオスマン外交官のご贔屓に預かっている。プライベートでいらっしゃることもあれば、仕事でお求めになることも多々ある。

「本日はどういった入り用で?」
「新作のケーキが出来たってきいたから、買いに来てん」
「それはそれは、光栄です」

先日まで、別の国にいたらしい。外交官が何をする仕事かは、私はあまり理解していないが、世界各地を移動していることだけは分かっている。

「Aちゃんのおすすめは?」
「そうですね。王道ではありますが、チョコレートケーキは如何でしょう」
「ええなあ。じゃあチョコレートケーキも一つ」
「ありがとうございます」

素早くケーキを箱に入れる。
ふとずっと気になっていたことを思い出す。

「オスマン様」
「なんや?」

彼の深い碧の双眸がじっと見てくる。

「オスマン様は、何故私が勤務しているときに限ってこちらにいらっしゃるのでしょうか」
「たまたまやろ」
「……店長に言われました。一度、私が体調をくずし、休みを頂いていたときにいらっしゃったそうですね」
「覚えてへんなあ。Aちゃんがいない間も何度か行っとるし」
「私がいないと分かった途端、お帰りになられたそうですが、それは何故ですか」
「そんなことあったかなあ」

彼の口調はいつもどうりだ。何も怪しいところはない。下手に誤魔化さずこのままはぐらかすつもりなのだろう。
しかし外交官である彼は、舌先三寸、口八丁手八丁。ただの一般人である私が口で敵うわけがない。確信を得てもいないのに先走りすぎた。ここは引くしかなかった。

「……そういうことに、しておきます」
「ほんまやねんけどなあ……」

困ったように微笑む彼に、少し恐怖を覚えた。

*→←客夢/gr



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (86 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
335人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd! , 実況者 , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

スイ(プロフ) - 脳内お花畑さん» スイさんは神ですよ←お花畑さんですね!りょーかいしました! (7月6日 3時) (レス) id: fc5840509f (このIDを非表示/違反報告)
脳内お花畑(プロフ) - スイさん» スイさん!!いつもいつもありがとうございます!もしかしてスイさんは神ですか?それとお花畑で良いですよ! (7月6日 2時) (レス) id: 999cc5b25a (このIDを非表示/違反報告)
スイ(プロフ) - 脳内お花畑さんの作品他の見よーおもたらすでにお気に入り作品にしてて草← (7月6日 2時) (レス) id: fc5840509f (このIDを非表示/違反報告)
かよ(プロフ) - かこつです!リクエスト答えていただきありがとうございます (7月2日 15時) (レス) id: 33b10db5e5 (このIDを非表示/違反報告)
脳内お花畑(プロフ) - ベリーさん» なるほど!察しが悪くてすみません…!私も昔見てましたよ、かわいいですよね〜。多分主はNo.6ちゃんのようなことはしないと思いますけど…。萌え禿げたのならエミさんのお話を見ましょう!そうしましょう! (6月30日 0時) (レス) id: 999cc5b25a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:脳内お花畑 | 作成日時:2019年5月31日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。