占いツクール
検索窓
今日:354 hit、昨日:491 hit、合計:176,370 hit

ページ24

高木side





知「涼介戻ってくるの遅くない?」

大「そーいや。30分くらい時間経ってんな」

光「え、迷子?」

高「それはさすがに無いだろ」





山田が戻って来ないことに気づいた俺は電話をかける事にした。


しかし、俺らがいるこの楽屋内で着信音が鳴って。
山田はケータイを持っていないことになる。





薮「もうすぐ撮影始まんだけどな…」

裕「俺さっきトイレ行ったけど山いなかったよ?」

圭「どこ行ったんだろ?」



高「俺探してくるわ」

大「じゃあ俺も行く」





みんなはまだメイクとか終わってないし。


メイクも着替えも済んだ俺と有岡くんで探しに行くことに。





大「どこらへんにいると思う?」

高「んーとりあえず楽屋からトイレまでのルート歩こう」

大「高木って山田のこと見つけるの得意だよな。
家ん中で山田行方不明事件の時も高木が最初に見つけたし」

高「山田の考えることは分かりやすからね」




でも今回のはなー…スタジオって広いし。





トイレ付近にいるスタッフさんに聞き込みをする事にした。



高「すみません、うちの山田見ませんでした?」

「山田さん?……なら荷物運びの手伝いをしに向こうに行きましたよ。
JUMPさんのマネージャーと一緒に。新人さんの方だと思うんですけど」

高「そうですか。ありがとうございます」




スタッフさんに言われた廊下を進むと今度はうちの新人マネージャーと遭遇した。





新人「あ!2人ともどうしたんですか?もうすぐ撮影ですよね?」

大「そうなんだけどさ。山田知らない?」

新人「山田さん?俺会ってないっすよ?」

高「え?会ってないの?」

新人「?はい」





でもさっきの人は新人くんと一緒にいたって…。
勘違いか?

♯→←真っ暗



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (126 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
399人がお気に入り
設定キーワード:Hey!Say!JUMP , 山田涼介 , 病系   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- すいません…!変なリクエストして…今後とも頑張ってください(//∇//) (1月6日 21時) (レス) id: 6533d85759 (このIDを非表示/違反報告)
アイノア・リカ(プロフ) - 獣さん» リクエストありがとうございます!シチュエーションは違いますが構成が似たような話を既に作成していたのでこのリクエストは保留にさせて頂きますm(__)m今後ともよろしくお願いします! (1月6日 20時) (レス) id: 53f4eb9b9d (このIDを非表示/違反報告)
アイノア・リカ(プロフ) - らんさん» ありがとうございます!リクエストについてですが移行先の△諒で書かせていただきます!少々お時間頂きますがよろしくお願いします!(*^^*) (1月6日 8時) (レス) id: 53f4eb9b9d (このIDを非表示/違反報告)
- 山田くんがスタッフさんに誘拐されて、暗くて閉ざされた空間が苦手な山田くんは過呼吸になってしまいます。そこを雄也くんと有岡くんで見つけて助けてあげてほしいです!お願いしま〜す (1月5日 17時) (レス) id: 6533d85759 (このIDを非表示/違反報告)
らん - いつも楽しく読ませていただいております!リクエストなのですが、体調を崩して病院や診察をいやがるお話が読みたいです!他の方のリクエストと合体しても構いません!よろしくおねがいします(^.^) (1月5日 15時) (レス) id: b95e20b84f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:アイノア・リカ | 作成日時:2019年12月27日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。