占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:5,455 hit

ページ3

N side




世の中には出会って間もない人にこんな言葉を
言える人がいるんだなと思った。
しかも俺の今の状態にはすごく慰めてくれる言葉。



その後も色々とついったーで話して
最後にお礼を言ったんだ。そしたら




「全然いいよ!俺頼ってもらった方が嬉しいから」




って。
すごいいけめんだなって思った。

お陰でさっきまでぼろぼろだった心もいくらか
楽になった気がする。本当に感謝だな。




「 … 明日学校でもう1回お礼言うか 」




久し振りだ。自分からこんな話し掛けようと
するなんて。けど櫻井がいなきゃ今頃
とにかく泣きじゃくってたと思う。




心無しか明日の学校が楽しみになっていた。









┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

短くてすみません( ; ; )

せきがえ→←やさしいひと



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.9/10 (8 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
26人がお気に入り
設定キーワード:磁石 , 二宮和也 , 櫻井翔
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ユイ . | 作成日時:2018年7月16日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。