占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:5,397 hit

やさしいひと ページ2

N side



ついったーでA組の人よろしくお願いします

って呟いて親にやれと無理矢理入らされた

バイトに行ってきて帰ってきたけど…




「もっ...いやだっ...」



母さんに事情を話したら

「無理矢理やらせたお母さんも悪いし

和也がしたい風にしても何も言わないからね」って

ずっと俺を慰めてくれた。




落ち着いた頃、自分の部屋に戻って


LINEやらついったーを確認してると1件


メッセージが入ってた。



よく見ると櫻井からだ。




「改めてよろしく!」



と送られてきてた。



「こちらこそよろしくお願いします」



そしたら案外早く返信が返ってきて出席番号の


事などで話が弾んだ。そして会話が終わりそうな頃


今日の出来事でぼろぼろだった俺は冗談で



「ちょっと話聞いてくれます?笑」



と送った。




そしたら



「全然いいよ!聞くよ」



って言ってくれたから出会って間もない人に


嘘つくことなく今日のバイトの出来事を全て


文章で相手に伝えた。




送り終わったあと、こんなくだらない事


出会って間もない人に送ったの迷惑だったかな


とか考えてたら






「辛かったね、よく頑張ったな!」




なんて返ってきて。


そう言ってくれると思わなくて。



自然と携帯の画面に雫が何滴も落ちてきた。

・→←はる。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.9/10 (8 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
27人がお気に入り
設定キーワード:磁石 , 二宮和也 , 櫻井翔
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ユイ . | 作成日時:2018年7月16日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。