占いツクール
検索窓
今日:21 hit、昨日:74 hit、合計:56,861 hit

10回目。 ページ10

.



「!?っなんで、」


瞬間、血の気が引く。
距離を置こうと腕を振り切れば、壁に押し付けるように肩に置かれた彼の手に、小さく力が入ったのがわかった。

この人は、私とオールマイト…父のことを知っている。他人に私たちの血縁のことを言われるのはここに来て初めてで、足が震えるのがわかった。


「親父繋がり」


気になって横目でまた見た目を確認する。
左側の火傷と、青い目に赤い髪。
それを見た時に確信した。

話題になっていた、エンデヴァーの息子だ。

オールマイトの娘にばったり会って、いきなり拷問を受けさせようというのか。

父とエンデヴァーは、余程仲がいい訳ではないけれど、家系くらい知っててもおかしくない。
これだけ密かに言うということは、私たちが意図的に関係を隠していることに気付いているんだろう。

判断力は流石父譲りと言ったところだ。


「…………貴方も、そっくりですね、」


エンデヴァーと同じ冷たい目。目を合わせることすら怖くて、私は下を向いた。


「なんでお前は、その立場で普通科に入ったんだ」


それでも彼は続ける。
ここまで知ったような話し方ということは、多少なりとも以前から目は付けられていたようだ。声色は低くて、私の行動に対していい印象は無いのがわかる。


「父は、関係ないじゃないですか」


左手がじんわり熱い。

意図的なのか、どこか動揺して発動しているのかはわからないが、私の肩は彼の個性を感じ取った。


「関係ないなら、なんでそこまで緑谷に執着してんだ」


驚いたような、どこか冷やかしているような、何かを含んだ声。

何故、緑谷くんの事情を知っているのだろう。

だが彼の言うとおりだ。父のことがないなら、緑谷くんとここまで関わることもなかった。


私は、ヒーローの近くにいて、どうするべきなのだろうか。


頭が働かないでいて、その場に立ち尽くしていた。
途端、聞き覚えのある声がたしかに聞こえた。


「轟くん…と、Aさん?」


顔を上げれば、人混みを掻き分けて来た緑谷くんが目に入った。轟、と呼ばれた彼は、緑谷くんを睨みつける。


「帰ろ、緑谷くん」


突進するように緑谷くんの方に飛び込む。轟さんからどうにか離れて、目を合わせずに人混みを掻き分けて進んだ。



ヒーローである父を持つ事の重さ。
受け継いだ者の責任。



そんな重荷を独りで背負える訳がないことを、私はこの身をもってよく知っている。





.




.

11回目。→←9回目。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (286 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
814人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

三条つかさ(プロフ) - わわ!!久しぶりの更新凄く嬉しいです!!ご自分のペースで、これからも頑張ってください!! (7月16日 0時) (レス) id: 7ed1c475b4 (このIDを非表示/違反報告)
三香美あっぽー(プロフ) - こんなにものすごくドキドキ&キュンキュンする小説に初めて出会いました。更新頑張ってください!応援してます (6月24日 10時) (レス) id: e6931b9a32 (このIDを非表示/違反報告)
ひなポン - 最高です。ありがとうございます。最新頑張ってください。めっちゃめちゃ期待してます! (6月16日 8時) (レス) id: 1cc1b8057e (このIDを非表示/違反報告)
ほこりくん(プロフ) - ああもうだめです好きですありがとうございます。デクはもともと好きでしたがさらに好きになりました。更新待ってます!!!! (4月2日 22時) (レス) id: a558f985dc (このIDを非表示/違反報告)
水翠(プロフ) - 初めまして!この作品、とてもおもしろくてきゅんきゅんして大好きです!!コメントのレスは、一つ一つのコメントの一番最後の部分に(レス)って書いてあると思います!(コメントされた日付とかが書いてあるとこの近く)そこを押せば出来ますよ!これからも応援してます! (1月12日 9時) (レス) id: 063fb754ef (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:八尋 | 作成日時:2017年10月12日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。