占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:18 hit、合計:56,905 hit

26回目。 ページ26

.



「お前の笑顔見たら、なんか元気になれる。だから」


必死だ、なんでこんなに感情を露わにするんだ。

体育祭での焦りとは違う。
私の目の前にいる彼は、切羽詰まったような、表し難いが今言わないといけないと思っていることは確かだ。


どうか落ち着いてください、と促すように肩から手を離させると、轟さんは少し深呼吸をして冷静になろうと取り繕う。

深い息の後には、私とは目も合わせず下を向いた。


「緑谷が、お前の笑顔は自分のだって言ってた」


緑谷、という単語に私の気持ちは簡単に傾く。

彼の焦った声色も、不安そうな顔も、今は私の頭には届かなかった。


「緑谷…くん、が…?」


下手に期待させるような事実に、つい食いつく。
手は無意識に力を加えて、拳を固くして膝の上で微かに震える。


「それ聞いた時、内心焦った。
何故かわからないが、早くお前に会わないとって思った」

「でもお前はそうやって、緑谷緑谷って、」


寂しそうに零す言葉に答えられない私はひたすらに苦しくなる。


「…ごめん、なさい」


目の前の貴方は、周りが見えないほどに焦っているのに、私はどこか気持ちが落ち着かない。
むしろ浮かれてしまいそうだ。

噛み合わない。
不自然なまでに、お互いの感情が交差している。


「…謝って欲しいわけじゃねぇんだが。」


不機嫌な目の前の彼は、徐に私の髪に指を通す。伸びた金髪が彼の手に掬われて、一瞬時が止まる。



息を飲んだ瞬間に、保健室にコンコン、と、聞きなれたノックの音が響いた。


「緑谷出久です!Aさんいますか!」


あぁ、タイミングが悪い。

頬の熱の上昇は止まらず、一気に顔が赤くなる。
それと同時に髪は解放された。


「…っい、います!」


反射的に立ち上がって、緑谷くんの方に駆けた。


ねぇ緑谷くん、

私は貴方にどんな顔して会えばいいですか。



.

27回目。→←25回目。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (286 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
814人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

三条つかさ(プロフ) - わわ!!久しぶりの更新凄く嬉しいです!!ご自分のペースで、これからも頑張ってください!! (7月16日 0時) (レス) id: 7ed1c475b4 (このIDを非表示/違反報告)
三香美あっぽー(プロフ) - こんなにものすごくドキドキ&キュンキュンする小説に初めて出会いました。更新頑張ってください!応援してます (6月24日 10時) (レス) id: e6931b9a32 (このIDを非表示/違反報告)
ひなポン - 最高です。ありがとうございます。最新頑張ってください。めっちゃめちゃ期待してます! (6月16日 8時) (レス) id: 1cc1b8057e (このIDを非表示/違反報告)
ほこりくん(プロフ) - ああもうだめです好きですありがとうございます。デクはもともと好きでしたがさらに好きになりました。更新待ってます!!!! (4月2日 22時) (レス) id: a558f985dc (このIDを非表示/違反報告)
水翠(プロフ) - 初めまして!この作品、とてもおもしろくてきゅんきゅんして大好きです!!コメントのレスは、一つ一つのコメントの一番最後の部分に(レス)って書いてあると思います!(コメントされた日付とかが書いてあるとこの近く)そこを押せば出来ますよ!これからも応援してます! (1月12日 9時) (レス) id: 063fb754ef (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:八尋 | 作成日時:2017年10月12日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。