占いツクール
検索窓
今日:461 hit、昨日:173 hit、合計:59,403 hit

14回目。 ページ14

.



緑谷くんは、第一種目を一番乗りで帰ってきた。轟さんや爆豪勝己を抑えて。

それこそ、父に何か示せたはずだ。頑張ってくれているのが痛いほど分かった。私もちゃんと、応援したいと思った。

この体育祭が終わったら、一番にお疲れ様って言いたい。気が早いかもしれないけれど。

だからさ、


「競技!見たいよ〜〜〜〜!」

「駄々こねないの。アンタ、一応看護師なんだから」


さっきからずっと救護室。一切競技は見ていない。

種目や、順位の事情を知っているのは、ここに治療を受けに来たヒーロー科の子達が全て教えてくれたからだ。恐らく私が悔しがっているのを見かねてだろう。

今は騎馬戦の最中だろうか。生徒はほとんど救護に来ないし、今は設備の凄くうずうずする。早く見たい。緑谷くんの活躍、見たい。


「A。」


私が机に寝そべって頬を抑えていると、リカバリーガールに声をかけられる。
ひょい、と目を向けると、申し訳なさそうな顔をしたリカバリーガール。


「騎馬戦、終わったらしいわよ」

「う、嘘だ〜〜〜〜〜〜〜!!」


嫌だこのまま全部見れずに終わるのは…悔しい…つらい…


「これから昼休憩。怪我人ラッシュだよ。身構えておきなさい」

「はぁい…」


正直、恋煩いよりも苦しい病気はないと思った。









.









昼の怪我人ラッシュが終わり、自分のお昼ご飯を求めて救護室を出た。父にも話がある。あと緑谷くんにも会いたい。

少し小走りで廊下を通る。白衣がヒラヒラ煽られて、少し邪魔だと思いながらも。

角を曲がるところで、唐突に人影が見えた。


「わっ!!」


ごヅン!と鼻を人の胸板に打ち付けた。硬い、相当鍛えているのだろう。しかもなかなかの温度…

ごめんなさい、と口を開きながら顔を伺うと、


それは、会っては駄目な人。



「エン…デヴァー…!?」

「あぁ、オールマイトの娘…Aか」



危険信号が鳴り始めた頃には、十分遅かった。





.

15回目。→←13回目。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (290 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
820人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

三条つかさ(プロフ) - わわ!!久しぶりの更新凄く嬉しいです!!ご自分のペースで、これからも頑張ってください!! (7月16日 0時) (レス) id: 7ed1c475b4 (このIDを非表示/違反報告)
三香美あっぽー(プロフ) - こんなにものすごくドキドキ&キュンキュンする小説に初めて出会いました。更新頑張ってください!応援してます (6月24日 10時) (レス) id: e6931b9a32 (このIDを非表示/違反報告)
ひなポン - 最高です。ありがとうございます。最新頑張ってください。めっちゃめちゃ期待してます! (6月16日 8時) (レス) id: 1cc1b8057e (このIDを非表示/違反報告)
ほこりくん(プロフ) - ああもうだめです好きですありがとうございます。デクはもともと好きでしたがさらに好きになりました。更新待ってます!!!! (4月2日 22時) (レス) id: a558f985dc (このIDを非表示/違反報告)
水翠(プロフ) - 初めまして!この作品、とてもおもしろくてきゅんきゅんして大好きです!!コメントのレスは、一つ一つのコメントの一番最後の部分に(レス)って書いてあると思います!(コメントされた日付とかが書いてあるとこの近く)そこを押せば出来ますよ!これからも応援してます! (1月12日 9時) (レス) id: 063fb754ef (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:八尋 | 作成日時:2017年10月12日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。