占いツクール
検索窓
今日:55 hit、昨日:25 hit、合計:56,821 hit

1回目。 ページ1

.









.



雄英に入学して1ヶ月。
桜も散り切って、緑の葉が見え隠れし始めた。


ヒーローの名門校であるこの学校の普通科に通う私は、治癒の個性を将来の職業に活かすことを決め、春から保健室の仕事を手伝うことになった。

今も他の生徒は授業中だが、私はリカバリーガールと交代で待機に入っている。

まだ初心者だから休み時間の大仕事は任されないが、中間考査が終われば正式に手伝いをさせてもらえるらしい。
でもこの時間やること無さすぎて…とか少しでも口に出せばリカバリーガールは怒って飛んでくるんだろうけど。

暇になってふと外の景色に目をやる。



「あれ、どこのクラスだろ」



保健室の窓を開け、グラウンドを見てみる。開けた瞬間爆風が吹き込んできて、誰かの『個性』と思われるそれに目を掠めた。

…あぁ、今はA組の授業やってるのか。

No.1ヒーローのオールマイト、こと私の父が生徒の前で指揮を執っていた。そこには体操服姿の見慣れた生徒達。最近よく保健室に来ているらしいヒーロー科の子達だ。


「…あ、」


1人の少年と、バチりと目が合った。


それを確信したのか彼は、嬉しそうに眩しい笑顔を見せてこっちに向けて手を振る。

みるみる私の鼓動は高鳴る。いやいや、急にあの笑顔は、流石に反則だから。



「緑谷くんのばーか」



照れ隠しに口を動かしてそう伝えると、目を丸くしてアワアワしていた。
もう、なんでそこまでコロコロ表情が変わるの。見ていて飽きない。


「がんばれ」


少しだけ声に出して、彼に笑いかけた。聞こえていないだろうけど、口で伝わったのか、少し照れた顔をして「ありがとう」と言ってくれた。

どきどき。心臓は鳴り止まない。

大好きな彼と、これから高校も一緒。こんな幸せ、あってもいいのだろうか。


赤くなる頬を抑えて、しばらくグラウンドの授業を眺めていた。





.








.

2回目。→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (286 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
815人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

三条つかさ(プロフ) - わわ!!久しぶりの更新凄く嬉しいです!!ご自分のペースで、これからも頑張ってください!! (7月16日 0時) (レス) id: 7ed1c475b4 (このIDを非表示/違反報告)
三香美あっぽー(プロフ) - こんなにものすごくドキドキ&キュンキュンする小説に初めて出会いました。更新頑張ってください!応援してます (6月24日 10時) (レス) id: e6931b9a32 (このIDを非表示/違反報告)
ひなポン - 最高です。ありがとうございます。最新頑張ってください。めっちゃめちゃ期待してます! (6月16日 8時) (レス) id: 1cc1b8057e (このIDを非表示/違反報告)
ほこりくん(プロフ) - ああもうだめです好きですありがとうございます。デクはもともと好きでしたがさらに好きになりました。更新待ってます!!!! (4月2日 22時) (レス) id: a558f985dc (このIDを非表示/違反報告)
水翠(プロフ) - 初めまして!この作品、とてもおもしろくてきゅんきゅんして大好きです!!コメントのレスは、一つ一つのコメントの一番最後の部分に(レス)って書いてあると思います!(コメントされた日付とかが書いてあるとこの近く)そこを押せば出来ますよ!これからも応援してます! (1月12日 9時) (レス) id: 063fb754ef (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:八尋 | 作成日時:2017年10月12日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。