占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:0 hit、合計:2,435 hit

第10話 発信器 ページ11

エマ「塀だ。」

A「よっと!」

木に登り、塀の上を見渡す。

ノーマン「どう?上に何かある?」

A「何もない!ただこの塀、幅が2〜3メートルあるよ!」

スタッ

エマ「…高いね。」

ノーマン「でも見張りはいない。
…静かだ。A、エマ、どう思う?」

エマ「堅くて丈夫、起伏どころか継ぎ目もない、おまけに表面はサラサラ。
普通こんなの登れっこない(・・・・・・)。──と諦めさせる塀なんだろうけど」

A「ロープ一本あれば、上れると思う!」

ノーマン「うん。この塀は越えられる!!」

エマ「次はロープ!」

A「あっ、お兄ちゃん、エマ!そろそろ戻らないと!」

私達は、施設(ハウス)に戻った。

カランカラン

ママ「みんないる?」

ギルダ「あれ?2人足りない?」

ギルダ「いないのはナイラと…」

マルク「ママーッ」

ママ「マルク!何かあったの?」

マルク「どうしよう!森でナイラとはぐれちゃった!!いっぱい探したけど、見つからないんだ!!」

ママ「…大丈夫よ。」

ママは時計を見て、マルクに笑いかけた。

ママ「みんな、ここから動かないで。いいわね?」

ママはそう言うと、森の方に歩いて行った。

しばらくすると、ママが帰ってきた。

ナイラを抱えて。

フィル「ママ!」

マルク「ナイラ!」

ママ「疲れて眠っちゃったのね。ほら、ケガ一つないわ。」

マルク「よかったぁ…ごめん…!ごめんね、ナイラ…」

ノーマン「早すぎる…」

A「え?」

ノーマン「ママはまるでナイラがどこにいるか、わかっているみたいだった。」

──そういえば、昔からママは私達を見つけるのが得意だった。

どこにいても見つけてしまう

あれは時計じゃない…

エマ「発信器…」

A「私達の体のどこかに埋められているのかもしれない。」

だとしたら脱走の決行──いや計画がバレた時点でアウトだ。

しかもママはわざとわかるように見せた。

ママは気づいている。

リトルバーニーがコニー以外の誰か(・・・・・・・)の手で持ち込まれたということに…

宣戦布告(・・・・)

誰であろうと逃がさない。

ママが言いたいのは多分そういうことだ。

心のどこかで信じてた。

ママは同じ“人間”で、子供達(わたしたち)を愛してる。

優しいママは全部ウソ。

何もかも、鬼に食べさせるための芝居。

ノーマン「親でも同じ“人間”でもない…ママは(てき)だ…!!」

第11話 脳が一番→←第9話 つくり物の世界



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
設定キーワード:約束のネバーランド , ノーマン , レイ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:苺の花 | 作成日時:2019年6月6日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。