占いツクール
検索窓
今日:19 hit、昨日:371 hit、合計:200,362 hit

いい話 ページ38

.

Aside




沙耶と話しててしばらくすると、
どんどん人が入ってきて、いつものようにレッスン開始。


今日もたっぷり踊って、トレーニングして
達成感に満たされる頃
私と沙耶を含めた数人は、スーツを着た上司にあたる人に呼ばれた。


その人についていけば、たどり着いた会議室には、もうひとつ位が上の、偉い人。




何も、してないよね……?




自分の非行を疑いながら、緊張しながら席に着いた。




「悪いな、トレーニング終わりに。ちょっと、話しておきたいことがあって。」


沙耶「何でしょうか?」




上司の言葉に反応したのは沙耶。


上司の人達は、こちらの様子を見て、クスリと笑う。




「大丈夫だよ。そんな緊張しないで。いい話だから。」


A「…いい話?」




思わず心の声が漏れた。


慌てて口を手で覆うと、上司の人達はまた笑う。




「…実はね、GENERATIONSによるライブツアーの、サポートダンサーの話が来てるんだ。」




え。

ライブ……?


しかも、GENERATIONSさんの?



思わずドキリと胸が鳴った。




A「それは、すごく経験になりそうな、お仕事ですね…」


「ははっ、だろう?…で、この仕事を君たちにやってもらいたいんだけど、…どう?」


A「っ、ほんとですか!?」




思わず立ち上がってしまった。


しまった、と思ってると、
上司の人は優しく笑って。



横を見れば、沙耶達も目をキラキラさせている。




「再来週からリハやレッスンが始まるから、しっかりがんばって。」


「「「はいっ」」」




そのあと話はすぐに終わって。


資料をもらって
失礼します、ってみんなで会議室を出た。


廊下歩きながら、沙耶とやったね!って喜びを分かち合う。




…どうしよう。


どうしよう。


すごく、嬉しすぎる。




にやけてしまいそうになるのを必死に堪えて。




……早く、伝えたいな。




さっきあんなに悩んでも、
このことを一刻も早く、1番に知らせたいと思うのは、やっぱり玲於くんだった。




.

弾んだ声→←ネガティブ野郎



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (189 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1735人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

らな。(プロフ) - xxさん» やっとレスの不具合直りました!(TT)ですよね、ヤキモチですよね!!素直になれよ!って書きながら突っ込んでます。笑 うじうじさせてるのは自分なんですけどね。笑 (9月30日 13時) (レス) id: 3fd04ece2f (このIDを非表示/違反報告)
らな。(プロフ) - ちはさん» いつもありがとうございます(*^^*) そろそろ玲於くんが気持ちを認める頃ですかね...?笑 (9月30日 13時) (レス) id: 3fd04ece2f (このIDを非表示/違反報告)
らな。(プロフ) - ど根性オレンジさん» やっと!!やっと!返信でしました!!もうそれのことについて話したくて話したくて!笑 私は11月に受験があるので、頑張った御褒美に〜、ってねだろうとか思ったりですね←ダメ 同じく金欠なので。笑 (9月30日 13時) (レス) id: 3fd04ece2f (このIDを非表示/違反報告)
xx(プロフ) - いや、意味しかないよ!!笑ヤキモチじゃん!嫌だったんじゃん!それは好きじゃん!意味しかないよ!笑笑 (9月11日 23時) (レス) id: 1ca80b54b4 (このIDを非表示/違反報告)
ちは - 移行おめでとうございます!お互いに早く自分の気持ちに気付いてー!とムズムズしながら楽しく読ませてもらってます笑更新頑張ってください! (9月11日 8時) (レス) id: 3456c85cde (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:らな。 | 作成日時:2018年9月9日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。