占いツクール
検索窓
今日:51 hit、昨日:218 hit、合計:55,486 hit

その2 ページ15

人体模型に気をつけつつ

一行は校舎内を歩き回る

『………』

黙って考え込みながら、オーラを辿る雫

仁王は気になっていたことを言葉にする


仁「…のぅ、雫」

『…ん?どうしたの?雅治君』

仁「気になっとったんじゃが…心臓を持っとるんが、他の幽霊やお化けの類いなら見つけられるんか?」

柳「ふむ、神隠しのように隠されては我々に見つける事は困難だな」

仁王の意見に、頷く柳

『それは、大丈夫。むしろ自分が持っている事を見つけて欲しいはずだよ…私の予想が当たっていればね』

幸「予想…?」

幸村が聞き返そうとしたその時

不意に止まった雫は

廊下の端の方をじっと見つめる


『………いた』

その言葉を合図に走り出す雫

レギュラー陣も後を追うように走り出す

丸「っいたのかよぃ!?」

赤「意外と見つかるのはぇぇ!」

ジ「見つけて欲しいのに、逃げるのか!?」

『ーっ、思ったより…速い…!』

雫が息を乱した時

隣で走っていた仁王がテニスボールを取り出す


仁「雫!コレに力篭めるんじゃ!」

『っ!…頼んだ!』

手を乗せ、力をボールに込めると

仁王は全力でボールを投げる


テニスボールは真っ直ぐ目の前の人物に飛び、頭にクリーンヒットした


幸「当たった!」

柳「流石だな」


追いつくと、懐から紐を取り出した雫は

力を篭めると恐らく探していた人物であろう少年の両手を後ろに組ませて
左右の親指だけをしっかり結びつける

『よし、これで暴れたりは出来ないよ。霊体化しても解けない紐だから』

そして、ボールが当たったせいか気絶する少年を一行で見つめる


『…普通の男の子だね。顔は整ってるかな』

雫の言葉に、頷くレギュラー陣

ふと、雫は少年の違和感に気がつく


しゃがみこんで、じっくりと首周りを見つめる雫


『………違う』

幸「何が違うんだい?」

『彼、首から上が別人のものだ』

真「なーっ!?」

雫の言葉に、皆も首元を見つめる

よくよく見ると、肌の色がまるで違う上に

その境目の肉が不自然に盛り上がっているのだ


『…これは、本人に色々聞かないと分からないね』

そう言って、気絶する少年を近くの空き教室に連れ込み
椅子に座らせると

雫は少年を揺らして起こさせるのだった

20.憧れと切望→←19.無いのにあって、有るのにない



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (148 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
680人がお気に入り
設定キーワード:テニプリ , 逆ハー , 恋愛   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆこ(プロフ) - ヒロインちゃんの性格や周りとの関係がとても好きです…!引き込まれるような文章で、あっという間に読みきってしまいました!更新頑張ってください! (8月18日 1時) (レス) id: 8e72ff327c (このIDを非表示/違反報告)
白銀水龍(プロフ) - 久しぶりの更新ありがとうございます!続きが気になっています!更新頑張ってください! (8月17日 23時) (レス) id: 724789ecd5 (このIDを非表示/違反報告)
林檎 - 楽しみにしてまーす! (8月14日 23時) (レス) id: 67c87e380d (このIDを非表示/違反報告)
歌音 - 更新お願いします!! (8月7日 6時) (レス) id: 60755d8909 (このIDを非表示/違反報告)
姫乃(プロフ) - 更新楽しみです! (7月24日 20時) (レス) id: c94e9ef2b6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:カナタ | 作成日時:2019年2月12日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。