占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:15 hit、合計:255,049 hit

25話―『愛しい人の、声と信頼』 ページ28

―姫咲―



窓から夜空の星を眺めながら、Aちゃんを想う

おじさん達に変なことされなきゃいいんだけど・・・


なんて思ってると、珍しく携帯が震える

しかも着信音は、愛しい人の音楽



「えっ…、Aちゃんから電話っ?!」



思わずベッドに正座

携帯が震えてるからなのか分からないが、
手が震えている


その震える手で携帯を操作して、恐る恐る出てみる



「は、はい…?」


《もしもし姫咲?》



受話器から心地よく震わした鼓膜

私は、Aちゃんから電話がきたことに、完全に有頂天になっていた



「Aちゃんっ…!
 で、電話くれるなんて珍しいっ、ど、どうしたのっ?」


《気が向いたからしただけだよ。
 そろそろ姫咲が、寂しがってるんじゃないかって思ってね》



意地悪そうな喋り方のAちゃんが、なお愛おしい

嬉しい、嬉しい、ウレシイ。



「あのね、あのね」


《うん、どうしたの?》


「きょ、今日ね、フェンスの周りに居た女の子達に睨まれて・・・っ


 すっごく怖かった・・・・っ」



嘘。こんなの嘘。

あんなの、痛くも痒くもない。

全部Aちゃんに心配してもらう為の嘘



《そう。そうだったの。
 でも・・・・大丈夫だよね、姫咲は強い子でしょ?私は信じてるよ》


「うん・・・。だい、じょぶ・・・」


《なんかあったら電話して。
 姫咲は、私が守るから》


「ッ・・・う、うんっ・・・!//」



Aちゃんの凛々しい声

顔が熱くなるのがよく分かった




 

26話―『私と忍足先輩と写真』→←24話―『無自覚のプロポーズ』



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (310 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
393人がお気に入り
設定キーワード:テニスの王子様 , 氷帝 , 空愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

空愛(プロフ) - おっおっおっおっ(;・∀・)さん» 主人公の性別、ですか?えと、女の子なのですが…分かりづらかったですか? (2015年8月8日 17時) (レス) id: df8cc1ba1e (このIDを非表示/違反報告)
おっおっおっおっ(;・∀・) - 主人公の性別?だよ最初。書いてください (2015年8月8日 16時) (レス) id: eab9e639e3 (このIDを非表示/違反報告)
陽向(プロフ) - 空愛さん» はい!楽しみにしてます♪ (2014年12月21日 14時) (レス) id: 85a8d33206 (このIDを非表示/違反報告)
空愛(プロフ) - 陽向さん» 本当ですか、ありがとうございます(笑) 氷帝レギュラーが出るのはもう少し先になりますね・・・苦笑 これから姫咲ちゃんのライバルはたくさん増えていきますので楽しみにしていてください!(笑) (2014年12月15日 18時) (レス) id: 5f5eb5eda9 (このIDを非表示/違反報告)
陽向(プロフ) - 空愛さん» やっぱりですか!笑 私も姫咲ちゃんと忍足君の絡み好きです♪ 氷帝レギュラーでないかな~なんて(((( すみません! 続き楽しみに待ってます!更新頑張ってください♪ (2014年12月15日 18時) (レス) id: 85a8d33206 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:空愛 | 作者ホームページ:bakatesu.inaire.inaga−.animadaisuki...  
作成日時:2014年2月8日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。