占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:4 hit、合計:54,560 hit

最終話:パンドラの箱 YOU ページ46

-------------------------------
20XX年 12月8日



朝。




うるさく鳴る
私のケータイ。





すぐ横には

ぐっすり眠っている

ジン。






身体中がだるい。






ゴゾゴゾとベッドから這い出したが
起きる様子はないジン。





久しぶりに肌を合わせた。






ジンは私に夢中だった------。







ケータイを拾う。







相手は







------ジミン君。







着信が途切れ
すぐに届くメール。







ジミン『Aさん、どこですか?


連絡も無くて心配です。』








どうしたことか





罪悪感でクビがしまる思いだった。








この子とだって





いずれにせよ





終わりなのに------。





A『ごめん。今すぐ家に帰る。仕事が忙しかった。』




嘘で固めた返信。




今日が休みだったことがせめてもの救い。






私は急いで服を着て
乱れ髪を整え





自分の香水をキツめにふった。






ジンの香りを





かき消すように------。








ジン「ぅ、、ん



A…」













ジン。


目を閉じている。








ジン「あいしてる…」






寝言か。






バカな男。


そう思っているはずなのに









眠るジン。





はだけた布団がどうしても気になって






A「バカね…




でも







ありがとう…」









ジンが寒くないように布団をかけてあげて








その頬に





軽くキスを落とした。








A「…さようなら。」









ゆうべは熱く

でも


うんと優しく




抱いてくれて









------愛してくれて







ありがとう。









部屋を出た瞬間。









涙で前がぼやけた。

・JM→←・TH



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (114 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
325人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:life | 作成日時:2017年9月5日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。