占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:5 hit、合計:53,035 hit

・JN ページ43

-------------------------------
20XX年 12月7日









ナムジュンから何やら不気味な知らせをきいた。








Aが
12月31日に



なにやら「決行する」という噂だ。









噂の出所はプレカンのキム・テヒョン
彼がこっそり高校の後輩のチョン・ジョングクに送り
ジョングクが何故かナムジュンに流した情報らしい------。









A


何をする気だ・・・?






-------------




夜8時15分。

夜勤の引継ぎの時間より早いが


僕は急いでいた。









医務室をノックすると

珍しい客が来ていたようで・・・









ユンギ「ああ、すいません。

今出て行きます。」









赤札のミン・ユンギ?









僕が到着すると入れ替わるように出て行った。









すると・・・









A「ジン!!」









僕は突然Aに引っ張り込まれた・・。









ジン「!!?


どうした?!」









Aは
怯えているようだった・・・。









ジン「また・・・!!

なにかあったのか?!」









Aは僕の胸に顔を押し当てて



泣いていた・・・。









A「ジン・・・



あなたの言う通りだった・・・」









!!!?









A「もう・・いや。



こんな仕事・・・。」









!!!!!









今度はミン・ユンギに!!?





僕は急いで外へ連絡しようとした。









A「まって!」









止められた。









A「それよりジン・・・


2人きりで話したい。


ここじゃなくて・・・









あなたの家に
行ってもいい?」






-----------------





僕は至急夜勤の代理を頼み



震えるAを家に連れ帰った。







部屋に入るなり・・・









ジン「!!!」








Aは僕に口づけて迫った・・・。









A「ジン・・・









今からでも




私を・・・









----------愛してくれる?」









!!!!









ジン「・・・A!?」









不安におびえた声で
言われた。









A「抱いてほしい・・・。」

・YOU→←・JK



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (114 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
326人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:life | 作成日時:2017年9月5日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。