占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:4 hit、合計:54,560 hit

・YOU ページ37

-------------------------------
20XX年 11月30日。





検査室。







スーパーコンピュータをいじる。






莫大なデータ。








人間を「凶悪犯罪に導くホルモン、物質」の
全データ。





今日もたくさんの収容者のデータが送られてきて
解析を始める。






このデータマップを作って教授はすでに定年退職。







今、全てを管理するのはこの私だ。







チョン・ジョングク君。







彼の再検査結果は


------「陰性」だった。







それで先日
彼を釈放した。






陰性の人が出ると
ホッとする。





そんな毎日。





ジンが
言ってくれたように



こんな嫌な仕事



誰かに引き継いで辞めればいいことだ。








でも




失うものは無い私------。







「私にしかできない使命」


それを果たすまで


私はここを出ることもないし



------死ねない。








その

「使命」とは…。








コンコン






A「…!




はい?」







ドアノックして教官が入ってきた。







教官「チェ医務官。



前収容者のパク・ジミンが面会を求めて来ています。」









------!






ジミン君…







教官はニヤついた。








教官「今度はストーカーホルモンでも出てませんかね、彼(苦笑)」


A「馬鹿言わないでください。」







教官「冗談です。





どうします?





面会しますか?





断りましょうか?」









A「いえ。」







私は黒いコートを羽織った。



黒い服は








「喪章」------。









A「少しだけなら…。」

・JM→←第5話:覚醒 KN



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (114 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
325人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:life | 作成日時:2017年9月5日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。