占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:11 hit、合計:53,026 hit

ページ35

何を言ってるの!?



ジン「危険な仕事だよ。


みんなから恨まれるし。




・・・



この間みたいに



襲われたり・・・。」





ジンはぎゅうと私を抱き寄せた。






ジンの胸の音がきこえた。






ジン「本当は優しいAには






もっと
安全で


穏やかに暮らしてほしい。」







・・・

私は





そんなに弱い人間じゃない。





そう思っていても






なぜか




涙が・・・。









A「ジン・・」




ジン「亡くなった妹さんのかたき討ちと思うなら




他にも方法はあると思う。




結局
プレカンを出た奴でも数パーセントは犯罪を犯す。



プレカンに入ったことのない人でも





・・・犯罪をおかすことはわかっているのだから。」








A「私のやっていることが



無意味だというの!!?」








私が声を荒げて体を起こすと
ジンもすぐに起き上がった。








ジン「そうじゃない。





本当の君を押し殺すことはないと言ってるんだよ。







僕がどうして君を好きか
わかる?」








?!



ただのMだろっ!!?









ジン「覚えてる?





初めて君がプレカンに入って




初めて収容者の世話をして帰ってきたあの日。







-------------

君は

収容者の家族が気に病んで自らの命をたったと聞いて





責任を感じて


泣いていただろう?







その姿を見て、



これだけの重圧をかかえて

それをひた隠して

なんてすごい人なんだろう




って感心したからなんだよ?」







----

そんなことも


あった。





ジン「君にとっては辛い仕事なんだろう?






それなら



その役目は別の誰かに任せて








いいんじゃないかな?」








こらえていた涙が
あふれてきた・・・。








ジンは私の髪を撫でてくれた。






ジン「ねえ。」





A「・・・なに?」









ジン「僕も心の準備できたし







結婚しよう?」







!!!!?








ジン「Aはただ



そのままで






僕のそばにいてくれればそれでいいからさ?








---------医務官の仕事は



僕が君のぶんまで頑張るからさ?」







----------




ジンは知らない。







私がプレカンで置かれている立場。







妹を殺した犯人への復讐だけで
私はあそこにいるわけではない。








私のかわりなんて






-----誰にもできない。

第5話:覚醒 KN→←・YOU(※やや大人、閲覧注意!!※)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (114 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
326人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:life | 作成日時:2017年9月5日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。