占いツクール
検索窓
今日:829 hit、昨日:295 hit、合計:48,035 hit

ページ31

-------------------------------
20XX年 11月21日。夜8時すぎ。








A「なに?


また私の肌が恋しくなったの?」





私のこの言葉に



ジンの目が一瞬ピクリとなった。






-----------




ジンとの交際期間は2年ほどだった。








私がプレカンの警官、医務官になったころから


私たちの距離は遠のいていった。









別れ話を切り出してきたのは




ジンの方だった。









ジン「君は強すぎて



かわいげがない。









少し距離を置きたい。」









医師免許を持っていないにも関わらず
エリートの道を歩んだ私に仕事上の「嫉妬」が生まれたのか?




男は常に女の上に立ちたがる。









身勝手な理由で
ジンは
私を捨てた。









------はずだった。









それが
急になによ・・・。



自分も医務官になれたから「同等」って思った?









心に余裕が出来たところで
人肌恋しさに


また





私を利用するの?







----------------





A「図星?」









ジンは
予想外のことを言った。









ジン「ああ、そうだよ。」









!!?





ジンは否定すると思っていた。




『違う!カラダ目的なんかじゃない!』


って・・・。









ジン「僕は



男だよ?」









ひらきなおった??!









ジン「男は・・・



愛する女を









抱きたいもんだよ。」









!!!









ジン「他の男に抱かれるなんて・・・



考えたくないんだよ!!!!









それがわかったから、、、






Aを愛しているってわかったから、、、



やり直したい!!!」









やめてよ




また



本気にしちゃうじゃん・・・









A「嘘つき。」







ジン「嘘じゃない。



だから、



A!!









僕だけのものでいてくれ!!!」









そう言われて
抱き寄せられ


唇を奪われたら





・・・・墜ちて行ってしまうじゃない・・・。









ジンに触れられれば




もう・・・







ジン「A、



今週末



休みだろう?




僕も非番なんだ。




僕の家においで?





久しぶりに君の好きなアップルパイ焼いてあげるよ。」






小さくうなずくことしか


出来ない。







制御不能。





Lost control・・・

・JK→←・(※ちょい大人、閲覧注意※)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (110 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
321人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:life | 作成日時:2017年9月5日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。