占いツクール
検索窓
今日:17 hit、昨日:1,396 hit、合計:45,084 hit

第4話:お迎え YOU ページ29

-------------------------------
20XX年 11月21日。夜8時。





ジン「お疲れ様。」




A「お疲れ様です。」








この日
ジミン君の訪問を断った理由。





元カレのジンから話があるからと
交代時間より早めの8時から医務室で会う約束をしていたからだった。







ジン「昨日の彼。

キム・テヒョンだっけ?



まだ19歳なんだな。」






A「あんなガキに




私がやられるわけないでしょう?」






私は腕を組んで椅子に座った。






ジン「だけど




------心配したよ。」









は?




今更
この人は何を言っているの?









A「は?何でですか?」







ジンは

私の前にしゃがんだ。







ジン「君が



ひどく傷ついたかと・・・。」









私はジンから目をそらした。
胸がちくちく痛んだ。







A「馬鹿言わないでよ。





私は



仮にヤられちゃってたとしても


命さえあれば這い上がる。





--------そんな女ですから。」








その時・・・





急にジンは






私を





ガバッと抱きしめた・・・。








A「!!?」



ジン「A!!」







・・・
名前で
呼ばれて




つい締め付けられる私の心臓・・・。









ジン「君のカラダが汚されるのは





この僕が




許せない・・・!!」









!!?






A「なによ・・・今更・・・。」




ジン「愛してるんだっ!!!」








!!!







ジン「まだ



君の事








-------愛してるんだ・・・。





そう
気づいたんだ。。。」








私を捨てた男が
急に



------何を言っているの?







状況が理解できなかった。







A「ジン。




私は前も言ったけど





オンナじゃないの。」





ジン「違うっ!!!」







A「私は!!!



12歳の夏から・・・






女として生きることはやめたの!!!




なんど誰かに汚されようが同じこと。






痛くもかゆくもない・・・




そういう人間よ!!









仕事だけは
裏切らない。」








ジン「君の・・・」





ジンの声がうわずった。








ジン「そういうところは





大嫌いだッ!!!!」






・・・!







ジン「でも・・・」






ジンは
まっすぐに私の目を見つめた。

・(※ちょい大人、閲覧注意※)→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (104 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
315人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:life | 作成日時:2017年9月5日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。