占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:4 hit、合計:4,038 hit

祝 マクロスΔ完全新作劇場版制作決定2 ページ7

「”扇情のプレミアムライブ”、お疲れ様。良いステージだったわ」


シェリルさんがそう言い、ランカさんが隣で微笑んだ。


「ありがとうございます。お二人も少し違う時空の2019年3月2日に「マクロス F」10 周年イヤーと超時空ファンクラブ10 年目突入を記念したイベント、おめでとうございます!」


「あら、情報が早いわね」


私はカナメさんにそれだけじゃないんですよ、と力強く言った。


「『MACROSS CROSSOVER LIVE 2019』が2019年6月1日・2に幕張メッセで行われるんです!!歴代歌姫の集合です!!!」


「ええっ!!」


「フレフレ知らなかったの?」


「私は地方なので行けないのが本当に残念です…ッッ!!」


ずず、と鼻水をすすりながら言うと「キノが行ったらきっと出血多量で死ぬ」とレイナさんが言った。


「ええっ、死んじゃ駄目ですよ!」


ランカさんに手を握って心配され、私は足元がふらついた。


あの、超時空シンデレラに手を握られているという感動が強過ぎて、私には毒になってしまうのだ。


「ふふ、この子良い反応をするわね。」


シェリルさんがにっこりと微笑み、ワルキューレと私を一瞥すると美雲さんと視線を交えた。


「…お会い出来て光栄だわ、銀河の妖精」


「…ふぅん、あなたが美雲ね」


両者その美貌で微笑み合い、シェリルさんがクスリと笑った。


「私達の後輩にこんなに凄い歌姫がいるなんて本当に感動ね、ランカちゃん」


「はい、シェリルさん!私も本当に嬉しいです!」


じゃあ前回言えなかった分もみんなで張り切って言うわよ、とシェリルさんは言ってカナメさんに目配せをした。


せーの、と歌姫達の可愛らしい声が重なった。




「「私達の、歌を聴けぇぇぇー!!!」」

お知らせ→←祝 マクロスΔ完全新作劇場版制作決定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.0/10 (9 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
46人がお気に入り
設定キーワード:マクロスΔ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2018年5月20日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。