占いツクール
検索窓
今日:50 hit、昨日:406 hit、合計:26,775 hit

_61 ページ11

うるさくなり続ける携帯を
オフにしてバックにしまい込む。

歩きなれてしまった街並みを足早に歩く。



おばあ様の家はセンスのいい調度品ばかりで
小さい頃から憧れの場所だった。

それは今も変わらない。

まだまだ現役のおばあ様は忙しいはずなのに
私の無理なお願いを聞いてくれた。



歴史の刻まれてるドアを開ける。




《bonjour。おばあ様》

《bonjour。可愛い子。元気そうね。》

《あの子は?》

《もうこんな時間よ?寝てるわ。》



眼鏡をかけて生地を確認してる。

私がファッション関連の仕事をしてるのは
完璧におばあ様の影響だ。









.
.
.









5年前、ソウル。





私は馬鹿みたいな恋をした。




YGの事務所にイヤイヤながらも
暇つぶしに行っていた頃。


変なヤツと出会ったんだ。







昔から西洋風な顔立ちのためちやほやされてた。

それにこの顔が色んな意味で有利だと
気づいたのは幼稚園生の頃だったと思う。

だからかなり嫌味な子供だった。

ビーンはそんな私でも後ろを付いて歩いて来る
まあ、可愛いやつだった。

だからこそ有効に使えるものは使ったし、
そのための努力は惜しまなかった。



おばあ様のもとで見習いをできると決まってた。

だから行くまでの数ヶ月準備をしながら
事務所に気まぐれに遊びに行ってた。

大手の事務所のスタイリングに
興味がなかったわけじゃないし。



歌うことも踊ることもある程度できた。

でも極めたいと思えなかったし、
やはり興味は湧かなかった。

チェリナやダラに会いに行っていたようなものだ。






そいつはカメラマンをしていた。


BIGBANのジャケット撮影に連れて行かれた時、
そいつはジヨンたちを撮っていた。

ところどころ見える色合いの合わせ方など
なにやら無駄にオシャレなやつだった。


ボーッと撮影を眺めていると
シャッター音が近くから聞こえてきた。


「君はYGの子かな?」

「、、、、。」

「綺麗だったから撮っちゃった。」

「、、消して。」

「えーもったいないよ、ほら。」



カメラの画面を向けられる。

そこには無表情の私がいた。

これのどこが綺麗なんだよ、そう思った。






「ここに居るのに居ないみたいだ。」




そう行って笑ったヤツのエクボが
いやに記憶にこびりついた。









コロコロと坂道を下って行くように、
あっと言う間に堕ちていた。


色んなものが削り落とされて


その後にはなにも残らなかった。





ただ、それだけ。

_62→←_60(VIXX)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (76 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
236人がお気に入り
設定キーワード:VIXX , EXO , BTS
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

舞桜(プロフ) - もちろん★10にしたよ! (10月19日 22時) (レス) id: 4b160cd092 (このIDを非表示/違反報告)
VV(プロフ) - イチゴウユさん» 初めまして!感想ありがとうございます!リクエストありがとうございます。期待に応えられるJBになるか心配ですが、GOT7は出していきたいと思います!! (9月4日 22時) (レス) id: 3587de7370 (このIDを非表示/違反報告)
イチゴウユ - 初めまして!!いつも更新楽しみにしてます♪リクエストなのですが、Got7のJBを出してほしいです!!宜しくお願いします。作者さんの作品は本当に面白くて大ファンです!!これからも頑張って下さい!! (9月2日 10時) (レス) id: ccb65f34b8 (このIDを非表示/違反報告)
VV(プロフ) - りぃさん» こんにちは。コメントありがとうございます!ハイリスクノーリターンは主人公を表すいい言葉ですね。笑。更新頑張ります! (8月29日 20時) (レス) id: 3587de7370 (このIDを非表示/違反報告)
りぃ - こんにちは♪すっごく面白くて楽しく読ませてもらっています!今音楽を聞いてて思ったんですけど、SHINeeのWANTEDになんか似てるなぁーと思いました!これからも更新頑張ってください!楽しみに待ってます(●´ω`●) (8月28日 17時) (レス) id: d5fff78b56 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:V.V. | 作成日時:2017年8月18日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。