占いツクール
検索窓
今日:453 hit、昨日:3,863 hit、合計:15,859 hit

. ページ5

ab

sk「あべちゃん寒いねぇ」

ab「カイロ使う?」

今日はSixTONESと12人で踊るダンス撮影。



nb「ゲホッゲホッ」

慎太郎「翔太風邪ひいたのー?」


遠くからSixTONESの声と共に
翔太の咳が聞こえる。


fk「なべ大丈夫なの?」

dt「咳止め渡したんだけどね。熱はなかったよ」



sk「おーい翔太ー大丈夫かぁー?」

nb「お前、こっちくんな。うつるぞ。」


この寒さで完全に翔太は風邪ひいたみたい。
酷くならなきゃいいけどね。


ーーーーーーdt


撮影が始まる。

構成の確認から入って、本番。


映画だから何回も踊る。
そのせいか、寒かった体もあったかくなってきた。


スタッフ「休憩しましょう」


みんなが各々休憩スタンスをとるんだけど、


dt「翔太?」

翔太はうずくまって動かない。


翔太の隣にしゃがみ込む。



nb「、、りょうた、、気持ち悪い」

dt「気持ち悪い?」


翔太の首筋を触ると朝とは比べ物にならない熱さ。


nb「、、さむい、、」


肩で息をしながら眉間に皺を寄せて気持ち悪さに耐える翔太。


fk「どしたの?」

dt「翔太気持ち悪いって。熱も高くて」

fk「、、なべ、立てる??」


nb「、うん。」


よろめきながら立ち上がった翔太を連れて、休憩室に運ぶ。


iw「どしたの翔太?」

fk「なべ熱ある」


sk「え!ここ座りな。毛布持ってくる」

ab「あ、さくま体温計も持ってきて!」



もう限界だったのか、ベンチに座った瞬間
俺に体重を預けて、熱い息を繰り返す。



sk「翔太、お熱測るよ?」



測ってみると体温は39度越えで。


この季節にこの高熱って言ったら、、、、







ab「翔太、インフルじゃない?」


スタッフさんに事情を説明して、翔太をホテルに連れて行く。



nb「、、ハァハァハァ、、、ゲホッ」

dt「冷えピタしときな」


真っ白で熱を浴びたおでこに冷えピタを貼る。


nb「、、涼太、、うつるから、、」


dt「、、うん、俺は大丈夫だから。とりあえずスタッフさんと病院いっておいで」






スタッフさんが翔太を病院に連れて行ったら
案の定インフルだったみたいで。



撮影組にうつしたらいけないってことで、
翔太は冷えピタを貼って1人で東京に帰っていった。



fk「ダテさん、体平気なの?翔太と同じ部屋でしょ?」

dt「うん、俺は平気」

iw「強すぎじゃね?笑」

ab「さすがだね」



sk「翔太も大変だなぁ」

ってみんなでワイワイ喋っていたんだけど、、、





まさか第二災害が起こるなんてね。

桃×インフルエンザ→←青×インフルエンザ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
397人がお気に入り
設定タグ:SnowMan , 体調不良 ,
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2021年11月25日 4時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。