占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:10 hit、合計:5,084 hit

あまりにも変な町 真白 里桜 ページ45




怪夜町の時計は、ちょっと変わってる。
午後になると、文字盤と文字の色が逆転するのだ。もともとの文字の色は時計の針の色と同じ。だから、午前なら文字と針が同じ色、午後なら文字と針は違う色、というわけだ。


で、ちょうど今は午後11時。
あたしは、自室のベッドに転がって、天井の照明を眺めていた。

こっちに来て最初に見たのも、この照明の光だっけ。

そのあと、いろんなことがあったなぁ…………。


目が覚めてすぐ、天使のグランディさんを見てびっくりした。その後、自分の能力が発現して、そして露都の能力にびっくりした。

で、とりあえず、起きたら朝ごはんだ! って思って食べに行ったら卵の臭いに撃沈して、たまらず飛び出した先で能力試したら、超やばいやつで。

武器屋さん行って弟との思い出に浸って、その後すぐドーンってすごい音がしたなぁ。音がした方へ行ったら、雪ちゃんが魔物? を退治したとこで、そこからちょっと雪ちゃんと組手やった。

そして、歌いながらルンタッタ〜と歩いてたら北斗に会った。何で幼児化してたのかは聞き出せなかったけど、バトルして、友達になった。ちょっと前に位置エネルギーが暴走? したから、空中で止められちゃったのは怖かったな。

その戦闘で周囲をめちゃくちゃにしちゃったからちょっと叱られて…………あ、あの人の名前聞くの忘れてた!

その人の言ったとおり能力を練習した後、屋敷に帰った。そしたら、図書館に占ツクの本があるそうじゃないか!

その話を聞きたくて、有ちゃんの部屋をすごい勢いでノックした。すると、黒猫さんが現れて、あたしは猫の血族だって教えてくれた。こんど、猫になる練習でもしてみよう。

有ちゃんが出てきて、図書館のことをまくし立てたら「先にご飯」って。あたしもこっちに来てからは1度も食事してなかったから、有ちゃんが作ってくれたおいしいおいしいクッキーを食べた。

それから図書館に行ったら、本当に占ツクの本があった! ヒット数や評価も見られてびっくりした。

屋敷に戻った後、コンビニに行…………こうとしたら、なんか変な目玉に追いかけられた…………! 名無しさんが助けてくれなかったら、今頃どうなってたんだろ…………。あの目玉、思い出すだけでぞっとする。



ここまで思い返して、あたしは目を閉じた。


どこかがおかしい。

どこかが狂ってる。





でも、どこが…………?









…………そういうこと、か。

わかった。

屋敷の中で 北斗→←うん。ここ何処� 谷園蓮華



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.4/10 (7 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
11人がお気に入り
設定キーワード:作者が迷い込む町 , 募集企画 , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

グランディ(プロフ) - 続編完成しました〜ありがたや (6月16日 15時) (レス) id: 12bfae36c2 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新しました! (6月16日 15時) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新します! (6月16日 13時) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
Na(ナトリウム)(プロフ) - 終わりました! (6月16日 13時) (レス) id: d4cffa305a (このIDを非表示/違反報告)
Na(ナトリウム)(プロフ) - 更新します! (6月16日 12時) (レス) id: d4cffa305a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:グランディ x他10人 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年6月1日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。