占いツクール
検索窓
今日:130 hit、昨日:215 hit、合計:3,469 hit

覚醒めて歩く先に 偽物 ページ35

ぺちゃ、ずちゃ、ぱち、ぺたん。

濡れた地面は徐々に終わりを告げ、舗装された道に出る。
どうやら私は靴を履いておらず、裸足のまま歩いていたようだ。
ぬかるみのほうがどれだけありがたかったか、身に染みる。

あの暗闇の道からここまで、体感時間40分ほどか。
おそらくそれ以上だが、手渡されたカンテラの光は未だ消えない。
やはり恐ろしい気もするが、それより歩いて、あの赤丸へと向かわねば。
そう思い直して、前を向く。


――そうして、どれほど歩いただろうか。
眼の前には明かりの灯る町が広がっていた。
暗闇の中でぽつんとある町は、まるで希望の灯火のようだ。
そんな事を考えながら光に向かって歩き続ける。

光を反射した硝子板が私の姿を映す。
ふと気になって見てみると、私の容姿はどこか非現実的であり作られたものであると感じる。
なぜそんな事を考えたのか分からないが、恐らく「本物(・・)」に会えば分かる話だ。
目を逸らして、前へ前へと歩く。




――カンテラの光が消えた。
その建物を見上げると、大きな屋敷だった。

きっとここに、「あたし(本物)」が。

コンコン。軽めに叩いたつもりのノックは割と大きな音で鳴ってしまって、周りの迷惑でないか気になってしまった。
しかし誰も現れないので不思議に思いドアノブに手をかけると。

開いていた。

不審に思いながらもきぃと鳴るドアを押して中へ入る。

「どなたか……誰か、いらっしゃいますか?」

ぐしゃりと音が出るほど地図を握りしめて、叫んでいるとも呟いているともつかない声音で誰かを呼んでみるも、誰からの返答もない。
背筋に冷たいものが流れていく感覚を味わい、恐怖を感じて屋敷の中をぐるぐると歩き回る。
そしてあるドアの前。
ピン、とくるものがあってそのドアを開けてみると、どこかで見たことのある内装の部屋だった。

テーブルと、座布団。あとパソコン。それしかない部屋にとてつもない安心感を抱いて、ほうっと涙が流れる。
長い間歩き続けたこと、隠してはいたが実はとんでもなく怖くて寂しくて辛かったこと、すべてを放り投げて倒れ込んだ。

硬い床が頭も体も殴打するがそんなの関係ない、耐えきれない疲労からの眠気の誘いに乗ってそのまま目を閉じた。

【――お疲れ様】

恐怖を感じて飛び跳ねた声も、今では子守唄のように、優しく感じる。

お片付けしないとね 【名無しのチート】→←何もやることがない 白雪の鴉亭



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.2/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
10人がお気に入り
設定キーワード:作者が迷い込む町 , 募集企画 , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Mashiro Lio(プロフ) - 終わりました! (1時間前) (レス) id: 6bdf3daa52 (このIDを非表示/違反報告)
Mashiro Lio(プロフ) - 更新します! (1時間前) (レス) id: 6bdf3daa52 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新しました!無駄に長いです。すみません。 (9時間前) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新します! (10時間前) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
名無しのチート(プロフ) - おわりました!! (6月15日 10時) (レス) id: 6216eeef7c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:グランディ x他8人 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年6月1日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。