占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:27 hit、合計:6,715 hit

おはよう。どこか分からない場所。 byねむるる ページ37

「ふぁっ。おはようございます!」

何かにつつかれた感触がして、目が覚める。

何故、今は授業中なのだ。きっと先生にシャーペンでつつかれたのだろう。

などと思いながら、目を開けると、そこに広がるのは、怒った教師の顔でもなく、黒板でもなく、固まる人でない人と、1枚のスクリーンだった。

スクリーンに目を向けると、3、2、1...とカウントダウンが始まり、その後文字が現れる。

『おはようねむるる。』
「あっ、おはようございます...」

おもわず返事をして、これでいいのかと数分思う。

『早速だがねむるる、周りの人がなぜ止まっているのか分かったりするか?...まぁ、この話は、またの機会にしよう。』

『お前には、ひとつ、任務がある。』
「任務。」

魅力的なワードをオウム返しにする。
...はい。中二なもんで、少し厨二がかってるんです。

『この屋敷にいけ。地図あげるから、そこ行って。』

と言われ、ぱっと手元にいつの間にかあった地図を見る。

その地図がまぁ酷い。
「ここ曲がる。」「ここら辺で曲がる。」
くらいしか書いてない。

とりあえず、地図を少しの頼りにして進む。

気にも止めなかったが、いつの間にか人は動き出していた。


「これ、ほんとに合ってるよね...。」

今歩いてるのは森。多分、合っていない。

「おっと、お嬢ちゃん、ちょっと道を間違えてるよ。」

背面から、嗄れたおばぁさんの声が聞こえた。

違うんだ。

何故かこのおばぁさんのいうことは間違っていない気がした。

引き返そう。そう思って、くるりと踵を返すと、

「これこれ、お嬢ちゃん、そっちでもないさ。
もう、私が案内するさ。」

聞こえたと思ったら、目の前におばぁさんが現れる。

「いいかい?...」

...一から十まで説明してもらった。

今は、そろそろ屋敷への道中だ。

おばぁさんに道を教わり、歩き始めて15分程度だろうか。

屋敷の屋根が見えて、さらに扉が見えてくる。

「...着いた。これだ...」

とくとくと、鳴り止まない心臓に手を当てて、ぎこちないノックの音が青空に響いた。

朝ごはん 真白 里桜→←あたしの能力 真白 里桜



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
11人がお気に入り
設定キーワード:作者が迷い込む町 , 募集企画 , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

鳴く狐(プロフ) - 修正失礼しました。 (6月2日 11時) (レス) id: 164fe814fa (このIDを非表示/違反報告)
鳴く狐(プロフ) - ちょっと修正します。 (6月2日 11時) (レス) id: 164fe814fa (このIDを非表示/違反報告)
三日月桜(プロフ) - 修正終わりました (6月2日 1時) (レス) id: 4138aa2156 (このIDを非表示/違反報告)
三日月桜(プロフ) - ちょっと修正にいきます (6月2日 1時) (レス) id: 4138aa2156 (このIDを非表示/違反報告)
グランディ(プロフ) - 続編作成しましたー、これからも宜しくお願いします!!【https://uranai.nosv.org/u.php/novel/vahanaito95/】 (6月1日 23時) (レス) id: 12bfae36c2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:グランディ x他8人 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年5月4日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。