占いツクール
検索窓
今日:20 hit、昨日:90 hit、合計:69,753 hit

41 ページ42

渋谷side

いきなりの招集やで…おっちゃん眠たいわ…

渋「ん?LINE?」

錦(すばるくん!絶対きてや!絶対やで!!)

渋「フハッ!ちゃんと行くがなw」

渋(今からでるー)

さて、準備しますか。
この時期寒いからなぁ

渋「寒いやんけ…」

寒波らしい今日に大倉の家って…
おっちゃんコタツが恋しい…
スヌードに首を埋めても冷たい風が身にしみる

安「渋やーん!」

渋「おまっ!声でかいねん!!」

安「あ、ごめんw」

ヤスと合流して、おーくら家に向かう

渋「他は?」

安「亮はもうむこうおるんやて!あとは、マルと…あ!マル!!」

丸「おつかれー♪」

女子力高いこいつらと歩くんめっちゃ嫌…

渋「ヒナとヨコは?」

丸「信ちゃんがよこちょと合流してくるって!」

ふーん。俺もそっちが良かった…

安「んふふ♡楽しいなぁ!」

丸「お泊まりなるかもやから、いっぱいもってきてんでぇ♡」

いや、ならんから!俺は帰るで?!

渋「…すでに疲れたは…」

大倉のマンションにつきインターホンをならす。

大(…ほんまに来たやん…どうぞぉー)

カチャッ

外されるオートロック。

渋「ほんまに来たって失礼やなw」

丸「呼んだんおーくらやのにw」

安「ちゃうでぇー!亮が呼んだんやて!」

へぇ?亮が?珍しいこともあるんやなぁ…

42→←40



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (80 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
254人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ , 大倉忠義 , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:uzuuzu | 作成日時:2017年12月15日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。