占いツクール
検索窓
今日:916 hit、昨日:793 hit、合計:537,549 hit

風邪 ページ42

五条side


『あれ?悠雷、どうしたの?』


目の前にAを背負った悠雷が歩いてきた


悠雷「五条先生……こいつ熱あるのに無理矢理任務来てぶっ倒れた。」


『熱?かぜ?』




Aの顔をのぞき込むと真っ赤な顔で苦しそうな顔をしていた

息も荒い



悠雷「俺これからAの代わりに任務行くし、家入さんに看病頼もうかなって…」


『うん、分かったよ。こっちでなんとかしておくから悠雷は任務気を付けて行ってきてね』


そう言うとAを悠雷から離して抱き上げた


悠雷「これ、飲むかなって、コンビニでスポーツ飲料水と10秒チャージ」



『ありがとね。』



コンビニの袋を受け取って
医務室に向かった




ーーー
ーー




家入「熱が少し高めだな…
…でも点滴して薬飲んで寝れば明日には落ち着くと思うぞ」


ベッドの隣に座って

点滴を刺している様子をじーっと見てる


『…息も荒いけど大丈夫なの?
風邪って辛い?僕ひいたことないから分かんないや…』


家入「さすが最強だな。
まぁちゃんと点滴と薬が利いてくれば楽になるさ」


『…僕が看病してもいいかな?』


看病なんてしたことないけど
Aのためならなんでもしてあげたい

できるなら風邪を代わってあげたい



家入「別に構わないが…変なことするなよ?」


『ははっ、僕ってそんなに信頼ない?』


家入「クズだからな。点滴終わったら寮に戻っても良いし、ここでもいい。柳原が買ってきた飲料水もたまに飲ませてあげて」


『分かった。ありがと…』



家入「五条にお礼を言われるなんて…明日は呪霊でも降ってくるか?」

←覚える気なし



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (344 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1194人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 五条悟
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雪椿(プロフ) - アニヲタさん» ご指摘ありがとうございます(*^^*)よく鬼滅メンバーでリクいただきますが、あくまで呪術廻戦・五条悟メインなので鬼滅のタグ付けはしていません。タイトルが炎柱で紛らわしいですが…これからもよろしくお願いします! (2月4日 10時) (レス) id: e95a52c7d4 (このIDを非表示/違反報告)
アニヲタ(プロフ) - 作品自体は面白いと思うのですが……師匠では無く師範では……?後鬼滅の刃とタグ付けた方が良いかと……作品はとっても面白いので(不快に思われてしまったら申し訳無いです…)!応援してます! (2月4日 10時) (レス) id: 71f36505fa (このIDを非表示/違反報告)
雪椿(プロフ) - サクラさん» 五条先生も男ですからね…抗えない(笑) (1月17日 23時) (レス) id: e95a52c7d4 (このIDを非表示/違反報告)
雪椿(プロフ) - ゆかりさん» 作品を読んでいただきありがとうございます。それはオリキャラの悠雷です。まだ五条先生21歳設定なので虎杖たちとはまだ出会っておりません。ややこしい名前にしてしまい申し訳ございません。 (1月17日 21時) (レス) id: e95a52c7d4 (このIDを非表示/違反報告)
ゆかり(プロフ) - あの言いにくいんですが悠仁の字間違ってます。これからも頑張ばってください! (1月17日 21時) (レス) id: 62a35361d3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雪椿 | 作成日時:2021年1月13日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。