占いツクール
検索窓
今日:373 hit、昨日:877 hit、合計:1,034,177 hit

│40│まふまふ.side ページ41

「ついに来たな…この日が」
「あぁ…いつかは来ると思ってたぜ」

家にやって来たかと思えば、玄関先でふざけ始めるさかたんとうらたさん。
なんの茶番なんだ、と黙って見ていると「見よまふまふ!」とさかたんがスマホを掲げた

RiKuこんにちは坂田さん!
RiKu突然なんですが坂田さんはすいみぃのファンだと聞きました。もしよろしければ明日出掛ける予定なので、一緒に行きませんか?

坂田死んでも行きます!!!!!

僕は少し放心して、どや顔をかますさかたんを見る。

「……えぇぇぇぇぇえ!?なにそれ羨ましい!!すいみぃさんと、で、でかけ、おでかけ!?」
「ちなみに俺も誘われた」
「うらたさんもぉぉぉ!?」

なにこの2人!
僕がすいみぃさんを教えなきゃ存在だって分からなかったはずなのに、なんでこんな偉そうなんだ!

僕の叫びにつられたのか部屋からそらるさんも歩いてきた

「…なに騒いでんのまふ」
「そらるさん!!この2人が、明日、すいみぃさんとおでかけするって」
「あぁ、それね。俺もきてたよ」

スッとスマホを出して嬉しそうに笑うそらるさん。

「……僕だけ、誘われてないんですかね?」
「そうなんじゃね?」
「少しはフォローしてよそらるさん!」
「どんまい、まふ…」
「そこの声優!いい声で慰めないで!」
「悪いなまふまふ!」
「…この際さかたんが1番むかつくよ!」

膝をついて落胆していると、ポケットのスマホが音を出して揺れた。
こんなときに誰だよもう。天月くんだったら無視してやる。

半ばふてくされながらLIMEを開く

RiKuまふまふさんこんばんは!
RiKuお暇でしたら明日一緒に出掛けませんか?そらるさん、うらたさん、坂田さんも居ます!

僕はその場に居た3人と目を合わせると、静かに頷く3人

「……明日は戦争じゃぁぁぁ!」
「おおおおお!!!」

ありがとうさかたん、乗ってくれて。

│41│→←│39│ 



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (674 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2214人がお気に入り
設定キーワード:歌い手
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

-naki-(プロフ) - すいみんさん» そうなんですか!?私のスマホから出てこなくて……。 (9月13日 17時) (レス) id: 51c4e75278 (このIDを非表示/違反報告)
-naki-(プロフ) - わっち(元あんぱん)さん» ありがとうございます!今は第4章(?)あたりまで進めました!是非読んでみてください( *´艸`) (9月13日 17時) (レス) id: 51c4e75278 (このIDを非表示/違反報告)
-naki-(プロフ) - らいとさん» ありがとうございます! (9月13日 17時) (レス) id: 51c4e75278 (このIDを非表示/違反報告)
すいみん - 志麻くんのマークは「おうかん」で変換されると思います。笑笑 (9月13日 16時) (レス) id: 992bf3e2dd (このIDを非表示/違反報告)
わっち(元あんぱん) - 面白いです!頑張ってください! (8月1日 23時) (レス) id: 0d20ddbd04 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:-naki- | 作成日時:2018年2月3日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。