占いツクール
検索窓
今日:854 hit、昨日:2,139 hit、合計:522,774 hit

40 ページ42

茅野さんが答えないでいると、ついに宇佐美さんが声を出した。

香帆「ばっかみたい…。何でそんな嘘つくの?
皆を助けるため?だから自分が犠牲になるって?あはははっ!…笑わせんなよ」


さくら「宇佐美さん…」


香帆「あたしだよ、あたしがやり逃げXでーす。パスワードはKAHO11815」

先生は宇佐美さんの言ったとおりに打っていく

すると

柊「ピンポーン!アクセス成功だ、よかったねぇ…今日君たちの中から死人は出ない。」

そう言って拍手をする先生。

唯月「やっぱりあんただったんだ」

魚住「嘘でしょ…」


未来「そんなわけないよ…」

香帆「…たくっ、あんたがでしゃばった真似しなければ、みんなに死ぬまで気づかれなかったのに」


さくら「どうして…?」

香帆「どうして?
あんたのせいでしょ!
澪奈と一緒にいたのは私だけだった!
なのにあんたが!!」


は?

私「ちょっ…とまってよ…なんで、茅野さんのせいなわけ?」


香帆「だって、そうじゃん…」


過去

香帆「あっ、澪奈!一緒に帰ろ!」

澪奈「…ごめん、私先約があるから。」

香帆「…え?」


そう言って澪奈は茅野さんの腕をとった。


現在


香帆「あの瞬間、
あたしの中で何かが崩れた。
よりによって何で、奴 隷呼ばわりされてるあいつなわけ?!
完全にあたしへの当て付けじゃん!
プライドズタズタにされて、言い様の無い怒りが沸いて…許せなかった…」


香帆「だからアイツのあとを付け回して、
アイツの物を壊して、アイツの家の窓に石を投げて割って、アイツを追い詰めた…」


ー過去ー


澪奈「もうやめて。」


香帆「だったら、死んでよ。」


澪奈「ぇ…」


香帆「あんたが死んだらやめてあげる。」

澪奈「っ…」

香帆「ねぇ、死んでよ、死んでったら!!」

現在

香帆「自分でももう押さえられなかった…」


柊「それであのフェイク映像を撮ったのか?」


香帆「撮ったのはあたしじゃない!あの動画が入ったDVDが、あたしの鞄ん中に入ってたの
あたしはそれを利用して投稿しただけ。」


さくら「何でそんな事したの…?澪奈はあなたの事…」


香帆「うっさい!アンタは黙ってて!!」


さくら「文句あるなら私に言えば良かったじゃん!私に近づくなって言えばよかったじゃん!!」


香帆「言ったら離れてくれた!?」


さくら「離れたよ!」


香帆「嘘つくなよ!!」


さくら「嘘じゃない!」


香帆「…」


さくら「離れたよ!
澪奈が生きててくれるなら…離れたよ」

41→←39



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (239 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
936人がお気に入り
設定キーワード:柊一楓 , 3年A組 , 甲斐隼人
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ILOVMTIEDA.S - 石倉が良いな〜 (8月29日 23時) (レス) id: 8bf3196fdf (このIDを非表示/違反報告)
Ta_mu_pu(プロフ) - はい! (8月26日 17時) (レス) id: c4889ab0e5 (このIDを非表示/違反報告)
- 柊先生オチがいいです! (7月29日 7時) (レス) id: 0677ad9085 (このIDを非表示/違反報告)
Ta_mu_pu(プロフ) - はいっ! (7月16日 21時) (レス) id: c4889ab0e5 (このIDを非表示/違反報告)
理佐 - 甲斐くん落ちがいいです!! (5月10日 6時) (レス) id: 7801f240ae (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Ta_mu_pu | 作成日時:2019年3月19日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。