占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:69 hit、合計:103,979 hit

雪 *エイジ ページ16

「さむー…」

 誰にも聞こえないくらいの小さな声でそう言いながら布団の中でもぞもぞと動く

 この特有の冷気は何度か味わったことがある

 昨日見た天気予報を頭で思い出しながら、私はそっとカーテンを開ける

「…わっ」

 小さな歓喜の声が漏れた

 少し曇り空の中、周りの家々には白い雪が降り積もる

 朝だと言うのにまだ少し雪も降っている

 まだ少し早い時間だと言うのも気にせず私はベランダに出る

 まだ寝てるであろうえいちゃん、私はそっと窓を閉めた

 部屋着には少し冷たすぎる空気を肌で感じながら私は柵から少し手を出す
 
 暖かい手の上に乗った雪はすぐさま解けてしまう

 しばらく見とれていると、ガラガラ、と聞き覚えのある音を鳴らした

「…なにしてんの?」

 片手に私のパーカーを持って彼はお腹をかきながら私の隣に来る

 そうして優しくパーカーを私にかけてくれた

「なんでパーカー…」

「さぁなんでだと思う?」

「ありがと」

 …外に出る前に私の姿を見たんだろう

「えいちゃん、雪だよ」

「ほんとAは雪好きだよね」

 彼は大きなあくびをしながらさっき私がしたように柵から手を伸ばして雪をすくう

「…あとで遊びに行こうよ」

 まだ眠いのか彼は少し考えた後

「寒いじゃん」

 と小さく呟く。私は、えいちゃんに向けていた眼を雪に向けなおす

「そっかぁ…」

 えいちゃんはきっと今日も動画取りに行くんだろうし

 体調を崩させるわけにも行かないか

 そういって少し飽きられる理由を探して頭の中で溜息をつくと

 彼は大きな手で私の頭を撫でた

 さっきよりは少し大きな声で、彼は開いた手でまだ眠そうな目をこすりながら言うのだ

「…ちょっとだけなら付き合うよ」

夏風邪 *ツリメ→←悪魔の誘い *そらちぃ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (109 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
302人がお気に入り
設定キーワード:YouTuber , アバンティーズ , 短編集   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

そーにゃ(プロフ) - あやもちさん» コメントありがとうございます!短編なのに話が繋がってしまっていいか不安でしたがそう言ってもらえると嬉しいです!こちらこそ最後までお読みいただきありがとうございました!! (2017年8月1日 11時) (レス) id: d0b511bd78 (このIDを非表示/違反報告)
あやもち(プロフ) - 素晴らしいエンドでしたサイコーです(早口)←ありがとうございました(*´∀`)♪ (2017年8月1日 2時) (レス) id: 6e3c6d7283 (このIDを非表示/違反報告)
そーにゃ(プロフ) - 三谷さん» コメントありがとうございます!短編集でありながら最後の話まで繋げると言うのも一つのテーマでした。気づいてくれて嬉しいです!そう言ってくれると嬉しいです!また機会がありましたら小説を書いていこうと思いますのでまたどこかでお会いしましょう! (2017年5月14日 23時) (レス) id: 794bc085aa (このIDを非表示/違反報告)
三谷(プロフ) - 毎回読むのがすごく楽しみでした!最後の結婚の話まで全部繋がってたんだなぁと思うとすごくキュンキュンします!またそーにゃさんのアバンティーズの小説を読めるのを楽しみにしています(´∀`*) (2017年5月13日 23時) (レス) id: f63b48d130 (このIDを非表示/違反報告)
そーにゃ(プロフ) - みなみさん» リクエストありがとうございました。喜んでもらえて良かったです。また何かリクエストがありましたらよろしくお願いします!今後とも短編集をよろしくお願いします! (2017年4月28日 20時) (レス) id: 794bc085aa (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:そーにゃ | 作者ホームページ:http://puchiamatheater  
作成日時:2017年4月2日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。