占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:4 hit、合計:90,031 hit

4 ピンチの時の救世主 ページ5

*









遠くの曲がり角から現れた人影が、こちらを向く。さらりと艶やかな黒髪が風に揺れた。

「……サクヤ?」

訝しげな顔が暗闇の中で少しだけ見えた。自分の名前を呼んだ男性に手を振り、

「匿ってください!」

そう頼んだ瞬間、私は彼の腕の中にいた。
ちょっとびっくりしたけれど、彼は追っ手を撒くために、絶をして細い道を走り出した。勿論私も絶。

追っ手の気配は遠くなり、やがて消えた。私はほっと息をついて、彼の顔を見上げる。

「……ありがとうございました、イルミ」

「別にいいけど」

相変わらず素っ気ない返事ですね、イルミは。

彼は、イルミ=ゾルディック。
かの有名な暗殺一家ゾルディック家の長男。
私は、仕事を一緒にすることもあるし、キルア君やカルト君とも仲が良いから、よくお世話になる。

ーーという間柄なのですが、

「下ろして頂けますか?」

「匿ってって言ったじゃん」

……いかんせん、この人はしつこい。

「言いましたけど、もう追っ手いませんよ?」

「まだ近くにいるだろ。サクヤなら多分すぐ見つかる。相手は世界有数の盗賊集団だ」

……未熟者扱いしますね、もう。確かに未熟ですが。

って、

「何故イルミがそんなことを?」

「だってオレの今日の仕事の依頼人だし」

「依頼人……まさか」

思わずさっと青ざめる。イルミが敵だとしたら、私に勝ち目は無い。

「サクヤのことじゃないよ。あの家の近くを護衛してた奴等を殺った」

「何だ……よかった」

もし私がイルミの獲物だったらどうしようかと思った。逃げ……無理ですね。

ふう、と軽く息をついてイルミに問いかける。

「それで、どこまで連れて行く気ですか?」

「オレの家」

「何故!?」

「え?なんで?」

いやいや、聞き返されても困りますけど。

「匿ってって」

「ゾルディック家まで連れて行く理由がわかりません」

「連れていきたいから。ほら、母さんも喜ぶし」

キキョウさんかぁ……。キキョウさんにはお会いしたいけれど、

「キキョウさんは結婚の話が多いんですよ……」

「オレの許嫁だからでしょ」

「だからいつ私があなたの許嫁になったんですか」

と、こういうことを言われまくるのです。本当に謎。いつから言われてるかもわからなくなってきています。

「私行きませんからね!?」

「もう飛行船乗り込んだけど」

「えぇっ!?」

私に拒否権は無いのだろうか……。ありませんね、知ってます。




*

5 興味→←3 出会い


ラッキーアイテム

伸縮自在の愛

ラッキーキャラクター

フェイタン「ワタシがラッキー?……ハハ、喧嘩売てるか」←


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (55 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
123人がお気に入り
設定キーワード:HUNTER×HUNTER , 二次創作 , 逆ハー?   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

藤原 黎明 - ヴィズさん» めちゃわろてるやんwwww びず姉ありがとう!!wwww (8月15日 23時) (レス) id: d9b557ad09 (このIDを非表示/違反報告)
ヴィズ(プロフ) - んふふwww好きぃwww (8月15日 22時) (レス) id: 54e78712b9 (このIDを非表示/違反報告)
藤原黎明 - RTさん» コメント気が付いてませんでした、すみません!ありがとうございます!これからも頑張ります^ ^ (2018年8月31日 17時) (レス) id: 50a7dd275d (このIDを非表示/違反報告)
RT - とっても面白いです!更新頑張ってください! (2018年8月10日 14時) (レス) id: da0e7ea281 (このIDを非表示/違反報告)
キサキ(プロフ) - メンチはシングルハンターです (2017年12月28日 13時) (レス) id: 3a616b600a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:藤原 黎明 | 作成日時:2017年9月30日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。