検索窓
今日:3 hit、昨日:9 hit、合計:8,091 hit

54 ページ4























あ「え、」




















誰かに見られてるなんて思いもしなかった。しかも昨日の今日でこんな、、




















なぜか少し苦しくなった。




















そんなことを考えていると





















恭「A〜!昼食べいこや〜」




















まさに今話の話題になってる人がずかずかと教室にはいってきた。





















どうしよう、なんて思っていると長尾くんから






















《長尾:紗綺ちゃんは俺に任せて話つけておいで》




















そのメッセージをみた私は長尾くんの目を見て頷いた

55→←53



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (27 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
224人がお気に入り
設定タグ:道枝駿佑 , 青春 , なにわ男子   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:うな | 作成日時:2022年5月31日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。