占いツクール
検索窓
今日:314 hit、昨日:53 hit、合計:91,694 hit

7 ページ8

(ito-side)


AAA女子メンバーである詩と宇野ちゃんは互いに親友。



高校時代から仲の良かった2人の絆は固くて、誰もその2人の中に加わることは出来ない。



それは、同じ女子メンバーである私も例外じゃなくて。




……その事に、密かに劣等感も抱いていた。





だけど。


宇『私にとって、千晃も代わりのいない大事なメンバーだよ』



宇野ちゃんは、そう言ってくれた。





それが嬉しくて、本当に嬉しくて。









.









伊「詩、平気?」



第1ブロックが終わって、衣装替え。



ふー…、と息を吐き出した詩の顔を覗き込む。



化粧がしっかり施されてるから、顔色までは分からないけれど。



──辛そうだな…



舞台裏に戻ってきて、表情から演技の抜けた詩は、少し辛そうだった。




「うん…」



詩は私を見ると、いつもの控えめな笑みを浮かべる。



「千晃の顔見たら、元気出た」


伊「!……何それ!」



──嗚呼、いつもそうだ



私という人間を、大事なメンバーとして大切にしてくれる。



──詩は、いつだってそういう子だ


──そういう子だから、皆大事に想うんだ





宇「詩、頑張れ。ファンが待ってる」


「うん……うん!実彩子と千晃に元気もらった!」



さっきまでの辛そうな表情は何処へやら。



スッキリとした表情を浮かべた詩を前に、私と宇野ちゃんは目を見合わせて。





「え?どうしたの?」


宇「詩の右手とったー」


伊「左手とったー」



詩を真ん中にして、3人で手を繋ぐ。







大事な、大事なメンバー。



私にとってもそうだ。



宇野ちゃんも、詩もかけがえのないメンバー。



勿論男子メンバーだって。






與「あー!女子で手ぇ繋いでる」


浦「あたしも混ぜて?」


宇伊「ダメ!」



映像が流れる間の束の間。


笑い合って、私達は気持ち新たにスタンバイした。

8→←6



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (73 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
273人がお気に入り
設定キーワード:AAA , メン入り , 西島隆弘
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 海音さん» ありがとうございます!次章もマイペースに更新していきたいと思っておりますので、またよろしくお願い致します! (2月20日 20時) (レス) id: 37dc25736a (このIDを非表示/違反報告)
海音(プロフ) - 楽しく読ませて頂いてます!すごく面白いです!!次の章も楽しみです!これからも頑張ってください!! (2月19日 23時) (レス) id: 8f38073b2c (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ゆうさん» かなり長かったと思うのですが、ありがとうございます!マイペースな展開と更新になりますが、これからも頑張って参りますので、お付き合い頂ければ嬉しいです! (12月14日 18時) (レス) id: 37dc25736a (このIDを非表示/違反報告)
ゆう - 最初から一気に読んじゃいました!笑 とっても面白かったです! これからも頑張ってください! (12月14日 16時) (レス) id: 3d09ff0bd0 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - EYさん» ありがとうございます!ゆっくりで良いとお気遣いまでして頂き、本当に嬉しいです。マイペースに頑張って参りますので、これからもよろしくお願い致します! (11月18日 20時) (レス) id: 00727ba42b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年11月9日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。