占いツクール
検索窓
今日:314 hit、昨日:53 hit、合計:91,694 hit

15 ページ16

(you-side)


西「詩、こっち見て」



頭上から聴こえるにっしーの声に、私は顔を伏せたまま首を横に振る。



西「俺の目を見て」


「っ」



優しく言ってくれているのに。



変に意固地になってしまった私は、素直にはいとは言えなくて。



にっしーの顔を、見ることができない。





西「……分かった」


「……」


西「もういいよ」



その言葉と共に、彼の気配が離れていく。





「っ…、」


西「じゃあ俺、行くから。ごめんな」



離れていく後ろ姿。



今更になって私は右手を伸ばすけれど。





「…っあ……、」



肝心の、言葉が出ない。



扉の開く音がして、にっしーが出ていってしまうのに。




──行かないで


たった5文字の、その言葉が言えない。





1人になった部屋で、私は暫く扉を見つめて、諦めたように視線を前に移した。



目を閉じると、そこから涙が溢れ出して。





──馬鹿、


──素直になれない私の、馬鹿



──これで、良かったんだ



悲しくて、胸が痛んで仕方ないのに。



これで、にっしーは自由になれるという安堵もある。





「っ……、ふ………ぅ」



今になって、正直な涙は止まらない。





──泣いても、


──泣いても、もうにっしーは戻ってこないのに







.




西「意地っ張り」



「……え…………?」



フワリと、私の両頬を冷たい手が覆う。



驚いて目を開けると、そこには。





西「そんな、全力で俺が好きだって顔しといて……嘘吐いてんじゃねーよ」



怒ってるような、拗ねてるような。



それでいて、何処か愉しそうに口角を上げたにっしーが、まっすぐに私を見ていた。





「に、」


西「もういいや。言葉より、先に身体に聞く」



もし嫌なら拒んで。



そう続けられた言葉を聞けば、もう抵抗なんて出来なくて。




降りてきたにっしーの口付けは、少し冷たくて、柔らかかった。





「好き……、」


西「うん」


「好き……っ」


西「うん、俺も好き」



泣きながら言えば、にっしーは優しく笑って頷いてくれる。




「どうして、」


西「何が?」


「どうして……私を、好きでいてくれるの…?」



好いてくれるどころか、嫌われたって不思議じゃないのに。



嗚咽が漏れる私を、少し強引に抱き寄せたにっしー。





西「そんな簡単に諦められるくらいなら、ここまで片想い拗らせてないし」



ま、危うく諦めかけたけど。



そう言うにっしーの心音が、心地よく響く。

16→←14



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (73 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
273人がお気に入り
設定キーワード:AAA , メン入り , 西島隆弘
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 海音さん» ありがとうございます!次章もマイペースに更新していきたいと思っておりますので、またよろしくお願い致します! (2月20日 20時) (レス) id: 37dc25736a (このIDを非表示/違反報告)
海音(プロフ) - 楽しく読ませて頂いてます!すごく面白いです!!次の章も楽しみです!これからも頑張ってください!! (2月19日 23時) (レス) id: 8f38073b2c (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ゆうさん» かなり長かったと思うのですが、ありがとうございます!マイペースな展開と更新になりますが、これからも頑張って参りますので、お付き合い頂ければ嬉しいです! (12月14日 18時) (レス) id: 37dc25736a (このIDを非表示/違反報告)
ゆう - 最初から一気に読んじゃいました!笑 とっても面白かったです! これからも頑張ってください! (12月14日 16時) (レス) id: 3d09ff0bd0 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - EYさん» ありがとうございます!ゆっくりで良いとお気遣いまでして頂き、本当に嬉しいです。マイペースに頑張って参りますので、これからもよろしくお願い致します! (11月18日 20時) (レス) id: 00727ba42b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年11月9日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。