占いツクール
検索窓
今日:24 hit、昨日:162 hit、合計:91,351 hit

11 ページ12

(you-side)


アンコール数曲。



メンバーと目を合わせながら、ファンの笑顔を見ながら。


歌っている間は不思議と身体が軽くなるような気がする。




──気持ちいい


──ずっと、ずっと歌っていたい



死ぬまで歌ってそうやな、と真司郎に冗談交じりに言われたけれど、本当にその通りかもしれない。





それこそ、物心ついたときから歌ってきた。



楽しいとき。


辛いとき。


苦しいとき。


幸せなとき。



ずっと。ずっと、歌だけは私の側にあった。



時に呪いのように、だけどいつだって私の目の前で私に生きる道を示してくれるもの。



時に糸のように、私と大切な人達を繋いでくれるもの。



時に誰かへの手紙のように、私の気持ちを表してくれるもの。



私にとって歌は、永遠のパートナーのような存在だ。









「「七色の光集めた虹」」



センターステージで、メンバー全員で手を重ねる。



「「間違いだらけの僕らの毎日」」


「「きっとそのどれもが素晴らしい」」



弱さを知った分、強くなれるから。



──本当に、その通りだと思う



少なくとも私は、弱さがあったから強くなれた。



成長できたのかは分からないけれど、昔に比べたらちょっとは強くなれたのかなって。



そう思えるのは、支えてくれるメンバーとスタッフと、ファンの皆がいてくれたから。









浦「今日はどうも!!」


「「「ありがとうございました!!!」」」



ありがとう。


貰ったものは大きすぎて、言葉では返しきれないから。



これからも私は、歌で返していきたい。





舞台裏へと降りれば、ガクンと膝から力が抜けていく。



西「詩、」


「……ごめ、」



支えてもらって、立とうとすると視界が揺れる。



西「掴まって」


「え…や、重いよ」


西「重くないし、大丈夫だから」



にっしーだって疲れてるのに。



腰も痛い筈なのに。



私を姫抱きにして、歩き出して。




──甘えちゃダメだ


頭では分かってるのに、体は言うことを聞かない。





西「詩……お疲れ様」



薄れ行く意識の中、優しい声が聴こえた気がした。

12→←10



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (73 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
273人がお気に入り
設定キーワード:AAA , メン入り , 西島隆弘
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 海音さん» ありがとうございます!次章もマイペースに更新していきたいと思っておりますので、またよろしくお願い致します! (2月20日 20時) (レス) id: 37dc25736a (このIDを非表示/違反報告)
海音(プロフ) - 楽しく読ませて頂いてます!すごく面白いです!!次の章も楽しみです!これからも頑張ってください!! (2月19日 23時) (レス) id: 8f38073b2c (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ゆうさん» かなり長かったと思うのですが、ありがとうございます!マイペースな展開と更新になりますが、これからも頑張って参りますので、お付き合い頂ければ嬉しいです! (12月14日 18時) (レス) id: 37dc25736a (このIDを非表示/違反報告)
ゆう - 最初から一気に読んじゃいました!笑 とっても面白かったです! これからも頑張ってください! (12月14日 16時) (レス) id: 3d09ff0bd0 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - EYさん» ありがとうございます!ゆっくりで良いとお気遣いまでして頂き、本当に嬉しいです。マイペースに頑張って参りますので、これからもよろしくお願い致します! (11月18日 20時) (レス) id: 00727ba42b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年11月9日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。