占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:473 hit、合計:353,045 hit

第29話 ページ30

大学に着く頃にはもう講義が始まって30分は過ぎていた。


やらかしたなぁ…と思いながら、

音を立てないように、そーっとドアを開け、


後ろの方に座っている友達の隣の席が丁度空いていたので、
こそこそと移動してゆっくり座る。




よっしゃ、ばれなかった。







友「いやばれとるで。笑」















講義中、ちまちま携帯をいじりながら、

 
あ、もう10時だ、いまオープンした…!


なんて心が落ち着くことはなかった。





私みたいに、宮さん寝坊してないかな…?!なんて心配になって、

思わずもう1人のバイト、涼くんをグループから友達追加し、

『今日オープンだけど大丈夫かな?!』なんて連絡してみる。


 

いや涼くん1回しか会ってないのに、

初LIMEがこれって絶対変な人って思われそう…!

でもなんか、今はそんなことどうでもいいくらいに落ち着かない。


お客さん入ってるのかな。


宮侑ほんとに来るのかな?


あ、宮侑が有名人だからって双子だから宮さんにとっては大したことではないのか…


宮さんのことだし、寝坊は流石にしないと思うけど、

でもあんまり眠れてないし、、



クレーマーなお客さんが来たらどうしよう


宮さんかっこいいから、女のお客さんにたくさん絡まれたりしてたらどうしよう…




余計な心配ばかりしてしまう。










知らない間に講義が終わっていて、友達に声をかけられる。



友「Aえらい遅刻しとったな!珍しい!」



「昨日ちょっと眠れなくて…」



友「あらま、テレビでも見とったん?」



「やー、それがね、バイ…」




バイト先でって言いかけて止まった。


『このこと、内緒やで?』


頭の中で宮さんの言葉がフラッシュバックする。





…ふふ、なんだか悪いことしてたみたい。





「ううん、なんでもない、夜中にお腹すいちゃって眠れなかったの。」


友「あーね、たまにあるよなぁ」




昨日お手伝いしてたのは私と宮さんだけの秘密。

















残りの講義はもう大爆睡したので覚えてない。




友「A、今日バイトやっけ!頑張ってなー!」


「うん!ありがとう、またね!」




友達と駅で別れ、私はおにぎり宮のお店へと向かう。



前を見ると、親子だろうか、

その母親の手には、
『おにぎり宮』とかかれた袋を下げている。




それをみて、なんだか嬉しくなった。




「早くお店に行こっと!」



少し速足でお店に向かった。

第30話→←第28話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (380 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1172人がお気に入り
設定キーワード:宮治 , おにぎり宮 , ハイキュー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

たたねんこ(プロフ) - 田中さん» コメントありがとうございます^^もう自分の身の何をどう捧げればいいのか分からないくらい稲荷崎尊いですね…!! (5月1日 23時) (レス) id: 415db63fbe (このIDを非表示/違反報告)
たたねんこ(プロフ) - 猪と猫さん» コメントありがとうございます!もう本当に稲荷崎民にとってはこれは命日かな?ってなるくらい本誌やばかったですね!!猪と猫さんのすなくんの作品も楽しく読ませていただいてました!!これからもよろしくお願いします! (5月1日 23時) (レス) id: 415db63fbe (このIDを非表示/違反報告)
田中(プロフ) - 本誌やばかったですよね!とりあえず稲荷崎尊いです。 (4月27日 8時) (レス) id: 1cdcd59863 (このIDを非表示/違反報告)
猪と猫(プロフ) - いつも拝見させて頂いてます!とても面白いです!本誌やばかったですよね (4月27日 8時) (レス) id: 6ce145a451 (このIDを非表示/違反報告)
たたねんこ(プロフ) - 黒瀬さん» コメントありがとうございます!少しの間更新せずに申し訳ないです…!そう言っていただけると励みになります!頑張ります! (4月23日 20時) (レス) id: 415db63fbe (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たたねんこ | 作成日時:2020年4月10日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。