占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:44 hit、合計:19,884 hit

○君の後ろ姿 ページ13

東海オンエア として
仕事をしているとしくんは
2人でいる時と違って、新鮮。

メンバーみんなで動画の構成を話し合い、
撮影に使うカメラの位置や角度まで
真剣に話し合う。

虫眼鏡さんとゆめまるの彼女は、
動画に使うものを用意したり
昼食を用意したりと慣れている様子だった。

ゆめまるの彼女も虫眼鏡さんの彼女も
「Aちゃん!だよね?よろしくね!」
と、すぐ私を受け入れてくれた。

「すごいです。慣れてるんですね!」
そういうと、「たまにだよ、毎回はやってないよー!」と教えてくれた。

て「ちょっと休憩ー!」
てっちゃんの掛け声と共に、みんなホッと一息つく。

と「A、大丈夫?疲れてない?」
すぐに私のところに来て、声をかけてくれた。
「大丈夫だよ。楽しい!」
と「よかった。」

そう言って、私の頭をポンポンとする。

り「おい、見せつけるなよー!」
りょうくんに言われ、恥ずかしくなる。

て「としみつは童○、卒業したんだなー、ついに!」
と「おい、やめろ。」
む「それ、僕も気になってた」
と「言わん。」

私はその会話を聞いて、ただただ微笑むだけだった。

としくんはちょっとキレながらも、
顔を赤くしていた。

し「自分の子どもは可愛いぞ!としみつ!」
り「それは気が早すぎ!」

しばゆーの一言で、みんなが笑う。

て「そういえばさ、今日の夜、みんなで集まってご飯でも食べない?」
り「いーね!増田と出っ歯も呼ぼう!」
し「あやなん氏も呼ぼーっと!」

東海オンエアのみんなと集まる
動画をこっそり見ていたわたしからすると
夢のような世界だった

としくんも東海オンエアといると
すごく嬉しそうだった。

その顔を見ているだけで、わたしはなんて幸せなんだろうと思う。

買い出しは彼女持ちチーム。
ゆめまるカップル、虫眼鏡カップルと
わたし、としくん。
6人で近くのスーパーに寄った。

この2組はもう長い付き合いのためか、
夫婦漫才のような会話をしていた。

買い出しが終わって、少し時間があったので、
デパート内でカップルに分かれて自由時間をとった。

「じゃあ、また1時間後!」
さりげなく手を繋いだ2組を見て、なぜか関心してしまった。

としくんは少し先を歩いて、
あ、行っちゃった。なんて思った時、

と「A!」
「ん?」

そういって、私の方に振り返り手を出したとしくん。
んふふ。と、つい照れてしまうのが、私たち。

小走りで駆け寄って、としくんの手に触れる。
私はこれでいいや。

○ゆっくりでいい【最終話】→←○2人でいること



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (27 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
57人がお気に入り
設定キーワード:東海オンエア , としみつ , youtuber   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:tee(てぃー) | 作成日時:2018年1月13日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。