占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:13 hit、合計:230,942 hit

ページ47








今日もいつも通り3人での登校



静かだし間に俺挟んでるし



神宮寺は少し寂しそうで



素直になればこんな風にならないのに



『玄ちゃん、』



なんて上目遣いで見つめてくる



「なに?」



ギュッと軽く腕に抱きついて



『やっぱだるい今日も休む』



そう言ってきた道を引き戻す



チラッと神宮寺を見ると睨まれた



「Aのとこ行ったあげなよ」



「なんで俺から」



「A待ってるよ」



なんて俺が笑うと



少し照れくさそうに。



「じゃあお前もこいよ」



なんて神宮寺に腕を引っ張られ



俺もAのところに。



_

7→←5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (179 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
294人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

amane - 永瀬くん楽しみにしてます(*´∀`) (2015年9月20日 3時) (レス) id: d7f98b0680 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ユリア | 作成日時:2015年9月18日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。