占いツクール
検索窓
今日:44 hit、昨日:24 hit、合計:4,918 hit

第51話【経験値を5獲得した。レベルが1上がった】 ページ2

*





翌日。
相変わらず不機嫌なフェイタン。今日はそんな彼との鍛錬だ。


「……あれ、大丈夫?」


観戦はシャルナークとフランクリンだった。
彼は不機嫌で手加減をしそうにない。


「……これは、止めに入る必要があるかもしれねえな」


彼女には申し訳ないが。
いよいよ2人は開始する。昨日と同じようにAからフェイタンへ突進。確かにそれは速かった。
フェイタンは受け止め、反撃。それはAがしっかり流す。


「うわぁ……フェイタンのスピードについていってる」
「ありゃ確かに速えな。スピード極めれば旅団の中で最速になるんじゃねえか」
「まぁでも、フェイタンが押してるのは明らかだね」


フェイタンもスピード型だ。おまけに力もある。そんな彼に同じスピード型の彼女が勝てるわけない。


「けどフェイントは上手いね」
「あぁ。何度かフェイタンも引っかかってる。全部カバーされてるが」


フェイタンは彼女の腕を斬る。これで後退するだろう。しかしフェイタンの読みは外れ、そんなこと気にもしないで彼女は斬られた腕でフェイタンに攻撃。それは腕に当たるも、重傷にはならなかった。


「お前、力弱いね」


挑発気味にフェイタンが言う。


『楽しいけど勝てる気がしないわ。だから……良いわよね!』


彼女は杖を2回地面についた。そしてフェイタンへ突進。


「「「!」」」


先程のスピードとは違う。速い。フェイタンはそれを受け止めるが、その力に驚いた。さっきよりも重いのだ。1つ1つの攻撃が。
今度はAがフェイタンを押していた。
そして彼女が勝負をつけようとした時、フェイタンによって杖は弾かれた。


『ありゃ、負けちゃった』
「ふん。ワタシが勝つのは当然ね」

第52話【上機嫌×不機嫌】→←第50話【不機嫌÷上機嫌】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (31 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
183人がお気に入り
設定キーワード:HUNTER×HUNTER , 幻影旅団
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ドローンコマミレ(プロフ) - めちゃ面白いです。 (7月18日 6時) (レス) id: 2653006338 (このIDを非表示/違反報告)
マナ - 初めまして。みやちゃんさん、マナと言います。わがまま×お嬢様すごく面白いです!次の更新楽しみにしています!無理しない程度に頑張ってください。 (7月15日 0時) (レス) id: 5e4d5a9486 (このIDを非表示/違反報告)
桜綴(プロフ) - 更新頑張って下さい!応援してます! (6月2日 15時) (レス) id: eaaab171d0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:永遠の18@みやちゃん | 作成日時:2019年4月30日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。