占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:40 hit、合計:37,574 hit

56 ページ21

*

sn「なんやのなんやの!?Aちゃんの叫び声聞こえたけど…」
sm「何があった、ん…」

俺らの目の前にはうらたんとゴキブリが対峙しとるっていう謎の光景が広がっとった。

sn「ブフッ」
sm「ふんっ」

そして志麻くんがそこにあったお鍋をお玉で叩いて、ゴングのような音が鳴り響いた。

sk「ふは、戦いが始まった」

坂田が笑い転げながら言葉を紡いでいく。

ur「うわ…」

ゴキブリに対して引き気味な表情をしながらAちゃんを守るように対峙しているうらたん。

いや、なんちゅーおもろい光景なん?

まぁ…虫嫌いなのにAちゃんを守ってるのには感心するけどな。

『うあぁ…うらた様、頑張ってください…ひぃ…!』

Aちゃんも怯えながらうらたんに声援を送る。

いや怯えてるからって俺の脚にすがるってかわいすぎか。



ur「…ここだあぁぁぁッ!!」

_パコン。

軽快な音が厨房に響いた。

ur「……勝った」

それだけ言うとうらたんは魂が抜けたように膝から崩れ落ちた。

『ふえぇ…』

っあ、Aちゃんも崩れてもうた。

57→←お知らせ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (41 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
503人がお気に入り
設定キーワード:浦島坂田船 , 歌い手 , 小説   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Machika@まっくる - 紅灯-あかり-@crewさん» うわぁぁぁぁぁぁ、本当だ…!!!お恥ずかしい……指摘ありがとうございます、直しておきますね!(''*) (2月19日 19時) (レス) id: e907e9a35f (このIDを非表示/違反報告)
紅灯-あかり-@crew(プロフ) - すみません!指摘です…。最後の話66になってますが67じゃないですか??わざとそうしていたりしていたらごめんなさい…! (2月19日 14時) (レス) id: 7ac7f90b4f (このIDを非表示/違反報告)
Machika@まっくる - 鈴星さん» 1話から見ていただけてるなんて…!感激です!頑張りますね!(`∀´d (12月21日 10時) (レス) id: e907e9a35f (このIDを非表示/違反報告)
鈴星 - 1話から見させて貰ってます!頑張ってください! (12月20日 20時) (レス) id: 7dc0e7e3e7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:まっくる | 作成日時:2019年12月11日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。