占いツクール
検索窓
今日:83 hit、昨日:253 hit、合計:17,560 hit

5 ページ5

「え……?」


お、おい。ちょっと待てよ。
何でこいつこんなに噎せてんだ?
しかもコップがカラに……


ん?………………カラ…………?

……まさか、


「お前……一気に飲んじまったのか?」


俺がそう聞けば、少女は噎せ返りながらも俺の方を見上げ、おずおずと頷いた。


……マジかよ。

サイダー一気飲みなんてお前はお笑い芸人かよ。
幾ら時間が経って炭酸の勢いが若干弱まっていたからって、一気飲みすりゃそら喉にくるわ。


俺は若干呆れていた。

だが咳込んでるこいつをほっぽっとくのもなんだしな……。

そう思った俺は、はぁ、と大きめのため息を吐きながら少女の方へと近づいた。


「………………!」


突如少女は、後ずさるように上半身を後ろに倒した。
そして、枷のついたその足をも、ろくに動かせないくせにがしゃがしゃ音を立てながら必死に引きずろうとしていた。


「お、おい。なんでそんな急に逃げ腰なんだよ」


俺は1度立ち止まって少女に問いかけた。
しかし、今まで1回も声を聞いたことのないこの少女が喋り出して答えるはずもなかった。


……なんでなんだ?

こいつ、今まで逃げ出そうとなんてしたことなかったじゃねぇか。

なんでいきなり……。


俺はかなり動揺しつつも、もう1度少女に近づこうとした。
その間にも少女は、必死に足枷を引きずろうとしている。

……でも、動かねぇモンはどう頑張ろうが動かねぇモンで、俺と少女との距離は、ますます縮まる一方だった。


もう俺が少女に触れられるくらい近づいた時、少女はもういよいよか、とでも言うように顔を上げて俺を見た。


目が合った瞬間、俺は動揺した。

さっきなんかとは比べモンになんねぇくらい、動揺した。

だって、今まで何をしようと無表情だったこいつが、サイダーをやった時でさえ無反応だったこいつが、


異常な程に、怯えきった表情をしていたんだから。

続く お気に入り登録で更新をチェックしよう!

←4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (99 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
210人がお気に入り
設定キーワード:ストックホルム症候群 , シリアス , 監禁   
作品ジャンル:恋愛, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

アフィアル(プロフ) - シルク^‐^さん» ありがとうございます!そう言っていただけてとても嬉しいです。これからも更新頑張ります。 (1月13日 18時) (レス) id: 0e81381c1e (このIDを非表示/違反報告)
アフィアル(プロフ) - かどけ氏さん» ありがとうございます!きっと一気飲みして噎せちゃったんでしょうね。これからも更新頑張っていきたいと思います。 (1月13日 18時) (レス) id: 0e81381c1e (このIDを非表示/違反報告)
シルク^‐^(プロフ) - こういう感じのお話めっちゃ好きです!更新頑張ってください! (1月13日 16時) (レス) id: bcf2c07990 (このIDを非表示/違反報告)
かどけ氏(プロフ) - 炭酸苦手だったのかな?面白いです!お気に入り、評価共にさせて頂きました!更新頑張って下さい! (1月13日 13時) (レス) id: bc69aa2553 (このIDを非表示/違反報告)
アフィアル(プロフ) - ポテチさん» ありがとうございます!これからも更新頑張りたいと思います。 (1月12日 20時) (レス) id: 0e81381c1e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:アフィアル | 作者ホームページ:http  
作成日時:2018年8月25日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。