検索窓
今日:45 hit、昨日:64 hit、合計:74,151 hit

構って欲しくて ページ22

side 海人

最近みんな忙しいの。
お仕事あるのは有難いんだけど一緒にゆっくり話したりも出来なくて寂しい。
こんな時に俺だけ時間余裕あるんだよね。
今も広い家に一人。

ぅっえっ?何??めちゃくちゃお腹痛い。
なんでこんな痛いの…ヒックグス…

どうしよ。1人だし…
とりあえずソファにうずくまってなんとか耐える。

どれぐらいそうしてたんだろう。
「かいと、かい…。」
声が聞こえて顔を上げると心配そうに覗き込む紫耀の顔。

「どーした?」
「ぉなか…ぃたい…」
「可哀想に。トイレは?行っておいで。」
トイレの前まで連れて行ってくれる。

そのあと部屋に戻るとベッド綺麗にしてくれてた。
「どう?マシ?」
「ぅん…」
「とりあえず寝な。傍にいるから。」
「しごとは…?」
「今日はもう行かないよ。心配しなくて良いから。」
そう言って温めた湯たんぽも持ってきてくれた。

「海人。」
なんか安心したらぐっすり寝ちゃってたみたい。

次目を開けたら心配顔の岸くんが。

「きしくん…。」
「うん。1人でお腹痛かったんだってな。辛かったな。大丈夫か?」
「うん。あっもう痛くないかも。」
「おっ、ホント?良かったな。でも今日は消化に良いもの食って寝な。」
「うん。」
「お粥?雑炊?うどん?」
「えっ?」
「ジンが作ってくれるって笑。何が良い?」
「うどん!」
「よし、どうする?下降りる?ここで食う?」
「みんないるの?」
「廉だけまだだけど、俺も紫耀もジンもいるよ。」
「下行く!」
「よしじゃあ下で食おっか。」

岸くんにいっぱい頭撫でてもらって下に降りた。

「熱いから気をつけろよ。」
「一気に食べたらお腹に悪いからな。」
「もし少しでも痛くなったら夜中でも起こして良いからな。」

ってうちのお兄ちゃんたちみんなびっくりするぐらい過保護なんだ。

でも久々にみんなにいっぱい構ってもらえて嬉しかった。

構って欲しくて□←『厳しいお仕置き』終了



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (95 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
126人がお気に入り
設定タグ:お仕置き , SnowMan , SexyZone
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

るん - カーディガンの話最高でした!!私もカーディガンの話好きなので嬉しいです☺︎勝利はほんとに甘えん坊なところがかわいいですよね。 (7月17日 20時) (レス) @page48 id: 1ee2aeacbc (このIDを非表示/違反報告)
sutekinasekai(プロフ) - 空さん» 後日談、今製作中なのでしばらくお待ちくださいね〜 (7月14日 17時) (レス) id: 37f6062b98 (このIDを非表示/違反報告)
sutekinasekai(プロフ) - ゆうさん» 気に入ってもらえてよかったです。後日談、ちょっとゆうさん書かれてる要素入ってるかもです。少々お待ちくださいね。 (7月14日 17時) (レス) id: 37f6062b98 (このIDを非表示/違反報告)
sutekinasekai(プロフ) - ほのかさん» 康二の甘々スパ気に入って貰えて嬉しいです。後日談少々お待ちください。 (7月14日 17時) (レス) id: 37f6062b98 (このIDを非表示/違反報告)
sutekinasekai(プロフ) - りなさん» 頑張ってみますね。少々お待ちください。 (7月14日 17時) (レス) id: 37f6062b98 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:sutekinasekai | 作成日時:2022年6月27日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。