占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:4 hit、合計:70,493 hit

◆20 ページ21

殺されることはないだろう。安心してため息を吐き、壁に突き刺さったナイフを抜き、ナイフをゾム幹部に返す

yu「すみません、ついイラついて反撃しちゃいました。ナイフです、どうぞ」

zm「えっ?あぁ、こちらこそすまんなぁ、なんも知らされてなかってん、観光客かとおもっとったんや、ゆるしてぇや」

yu「ん、え?いや、…知らされていなかったんなら別に、怒ってないですけど」

ふんわりと笑ったゾムさんを見て目を見開く。

今まで性格の悪そうな人だと思ってたから、すごく申し訳ない気持ちに襲われる。

ていうかここの幹部は観光客見つけたら即殺しに来るのか…



…ん?

まてよ、つまり、

Aがもし、他の幹部に出会っているとしたら、

Aの方が危険なんじゃないか…!?

ゾム幹部がこうして知らされてなかったのだから、他の幹部にも伝わってない可能性が高い。

確かAが向かっていたのはこっちだったはず、と、不確かな情報をもとに走り始める。

後ろでゾム幹部が何かを言っているが、申し訳ない、今はスルーさせてもらおう。


曲がり角を曲がって、一度、元いた場所に戻り。
そしてAが向かった方向へ足を進める。

すると中庭にたどり着く。
花壇がある。もしかしてここか?
なんて思ったが、Aの姿は見当たらない。

どうしようか焦っているとダクトの中からゾム幹部が上半身のみを出して俺の前にぶら下がってくる。

zm「ちょ、ちょっとまてやぁ、えーっと、名前なんやっけ…まあいいや←
急にどうしたん、?こんなところ、ひとりで走り回ったらそれこそ危ない気するねんけど」

yu「確かにそうですけど…今はそれどころじゃないんです。
俺と一緒に来てるやつがもう一人いたんですけど、お互い行きたいところが被らなくてはなれちゃったんです。

アイツ俺よりそんな強いわけじゃないし、一般人なんだから尚更、ここの幹部にかなうはずもないでしょう、殺されてるかもしれないって言う嫌な予感がしたんです」

自分でも分かるくらい珍しく動揺していれば、ゾム幹部はダクトから降りてきて「んー、」と首を傾げた後、先ほど同様耳に手を当てる。

zm「なぁ、そいつの名前なんだっけ?」

yu「え?あ、あぁ、…Aです。」

zm「ん、

なー、誰かAってやつ見かけなかった?」

急に名前を聞かれて何かと思えば、インカムに向かって話し始める。

ていうか、探してくれてるのか、



…優しいな。

◆21→←◆19



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (118 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
438人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ふゆ(プロフ) - 黒胡椒さん» わ、ありがとうございます…!励み、、(  1パターン目ですね、答えていただきありがとうございます! (3月28日 17時) (レス) id: de0a0373d0 (このIDを非表示/違反報告)
黒胡椒(プロフ) - 面白いです!!個人的には1パターン目がいいですね,,,!!更新応援してます! (3月28日 16時) (レス) id: e2f590a1cb (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 阿月さん» 名前は違いますが作者のふゆです。コメントありがとうございます!励みになります〜。ありがとうございます! (3月5日 18時) (レス) id: 858145d989 (このIDを非表示/違反報告)
阿月 - 生徒会長の妹から飛んできました阿月ですう。も〜、好きです^ら^頑張ってください!!!!!応援してます^ら^ (2月23日 22時) (レス) id: b76d909f9d (このIDを非表示/違反報告)
ふゆ(プロフ) - 焔花さん» 男主の小説初めて読んで気に入っていただいたなんてすごく嬉しいです!!これからも頑張りますのでまた読みに来てください〜! (2月1日 20時) (レス) id: de0a0373d0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ふゆ x他1人 | 作者ホームページ:ない  
作成日時:2020年1月19日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。