占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:207 hit、合計:80,499 hit

そんなつもりは ページ9

.


作業室に着いて、何でもないようにジフニはいつもの椅子に座る。


私もソファに腰掛けた。


「久しぶりだな」

ジフニが口を開く。


「うん、でもジフナの姿はテレビでよく見てたよ」


実際、ジフニの姿は音楽番組でよく見ていたから、あまり久しぶりって感じはない。

だけどおよそ1ヶ月ぶりに感じるソファの感覚には少しだけ戸惑った。


「A、なんか痩せた?」

「そうかな?忙しかったから」

「何がそんなに忙しかったの」

「あーいや…」


別に全部が全部、急ぎでやらないといけない仕事だったわけじゃない。

正直、家に早く帰っても何をしたらいいのか分からなくて無理やり忙しくしてただけだった。


だけど、それを言うのは変な感じがして「企業秘密」とだけ伝えた。



なんだよそれ、って言いながらジフニが眠そうにあくびをする。


「眠そうだね、疲れてるの?」

「んーいや、昨日ベトナムから帰ってきたから」

ジフニが目を擦りながら答える。


「えっ?知らなかった」

「ちなみに明日から日本」

「ええっ?!」


SEVENTEENの忙しさに目眩がする。


「今はみんな宿舎で休んでるよ、だからスンチョリヒョンもいない。残念だけど」


あ、また。

さっきと同じように、私が好きなのはスンチョリオッパっていうことを前提にジフニは話す。


無かったことにはしない、って自分で言ったくせに、何も変わらないジフニに心の中で首を傾げた。



思考を巡らせていると、ふと気が付いたことがあって、あれ?と声が出る。

「ちょっと待って。なんでジフナは休んでないわけ?」

「なんでって、それは…」


ジフニと目が合う。


あ、やばい。
そういうこと?


「…あ、あー、喉乾いたなー」

ジフニからの視線を誤魔化すように、さっき貰った水を飲む。





ジフニは自分で言った通り、無かったことになんてするつもりはないんだ。


だけど、私に気を使って前みたいにしてくれている。




"会いたかったから"

ジフニの瞳から、そんな気持ちが漏れてくるようで、喉が大きくゴクリと音を立てた。


.

大切な時間→←いつもみたいに



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (193 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
549人がお気に入り
設定キーワード:SEVENTEEN , セブチ , ウジ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

sani(プロフ) - ゆずさん» こコメントありがとうございます!文庫本無限とは!このお話は私なりに書くの楽しかったので、すごく嬉しいです(*^^*) (9月30日 7時) (レス) id: f23e3c8ef3 (このIDを非表示/違反報告)
ゆず(プロフ) - もう好きすぎて文庫本にしたいです。あったら無限に買えます。頑張ってください!!! (9月29日 23時) (レス) id: b8bb6a8de4 (このIDを非表示/違反報告)
sani(プロフ) - ゆ☆さん» コメントありがとうございます!良かったと言っていただけて、とっても嬉しいです(*^^*)読んでくださり、ありがとうございました!! (7月15日 7時) (レス) id: f23e3c8ef3 (このIDを非表示/違反報告)
sani(プロフ) - 沙羅さん» えええ!そんな大袈裟なー!!でも嬉しいです(*^^*)これからも是非仲良くしてください!お互い頑張りましょう〜( ´ ▽ ` ) (7月15日 7時) (レス) id: f23e3c8ef3 (このIDを非表示/違反報告)
ゆ☆(プロフ) - 初コメです(^_^)いつも更新楽しみにしてました!読んでてすごい切なかったけど最後良かったです( ; ; )とても面白かったです! (7月14日 23時) (レス) id: 6e669d79c7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:sani | 作成日時:2018年6月22日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。