占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:165 hit、合計:80,112 hit

熱を冷ます ページ19

.


「は?馬鹿だろ」



体育座りをして伏せた頭の上から、ジフニの痛い言葉が降ってくる。

いつものようにジフニの作業室を訪ねて、あの日の出来事を話した。


「あーこんなに馬鹿だとはな」


話したら、この反応である。


「あああ〜うるさいな!そんなの知ってるよ」


顔を上げてジフニを睨む。


「ミヨンさんが引き下がって、スンチョリヒョンが傷ついてるこのタイミングでアタックすれば良かったのに」

「そんなこと出来ない!」

「なんで?今が一番のチャンスだったと思うけど」



ムカつく。

たしかにジフニの言う通りかもしれない。

…かもしれないけれど、私がそれを出来るような性格をしていたならこんなに苦しんでない。



いや、それよりも腹が立つのは、そんなことを平気で言うジフニに対してだ。



「ていうか、なんでジフナがそんなこと言うのよ!あんた、私のこと好きなんじゃないの?!」


あ。

言ってしまったあと、すぐにヤバい、と思う。


なんで自分で墓穴掘ってんの。


顔に熱が集中する。


「おい、自分で言っておいて、自分で赤くなるな」


ああ、もうこればかりはジフニの言う通り。


「本当、馬鹿だな」


何故かジフニは嬉しそうに笑いながらそう言った。


顔の熱を冷ますようにパタパタと自分の顔を仰ぐ。



「A」

「ん、なに」

「好きだよ」



仰ぐ手が止まる。


ゆっくりとジフニの方を見ると、じっとこちらを見ていた。


「…バッ……カじゃないの?!今、それ言う?!ああ!バカなんだね?!」

「Aが聞いたんじゃん」


そう言って、ジフニはいたずらっ子のような笑みを浮かべる。


「はぁぁ?!ああ、もうダメだ!付き合ってられない!もう帰るからね!!」

「おー、じゃあまたなー」

「うるさい!」


そう言い放って、作業室から出る。




ああ、顔だけじゃなくて全身が熱い。


手で仰いだって冷めない。



.

余裕なさげに *→←今日の空は 2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (192 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
549人がお気に入り
設定キーワード:SEVENTEEN , セブチ , ウジ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

sani(プロフ) - ゆずさん» こコメントありがとうございます!文庫本無限とは!このお話は私なりに書くの楽しかったので、すごく嬉しいです(*^^*) (9月30日 7時) (レス) id: f23e3c8ef3 (このIDを非表示/違反報告)
ゆず(プロフ) - もう好きすぎて文庫本にしたいです。あったら無限に買えます。頑張ってください!!! (9月29日 23時) (レス) id: b8bb6a8de4 (このIDを非表示/違反報告)
sani(プロフ) - ゆ☆さん» コメントありがとうございます!良かったと言っていただけて、とっても嬉しいです(*^^*)読んでくださり、ありがとうございました!! (7月15日 7時) (レス) id: f23e3c8ef3 (このIDを非表示/違反報告)
sani(プロフ) - 沙羅さん» えええ!そんな大袈裟なー!!でも嬉しいです(*^^*)これからも是非仲良くしてください!お互い頑張りましょう〜( ´ ▽ ` ) (7月15日 7時) (レス) id: f23e3c8ef3 (このIDを非表示/違反報告)
ゆ☆(プロフ) - 初コメです(^_^)いつも更新楽しみにしてました!読んでてすごい切なかったけど最後良かったです( ; ; )とても面白かったです! (7月14日 23時) (レス) id: 6e669d79c7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:sani | 作成日時:2018年6月22日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。